忙しいですか?という質問に答えるのは結構難しい。

タイトルの通り。

「忙しいですか?」という質問への答えは難しいといつも思う。

何しろ、仕事は自由業。忙しくしようと思えば、いくらでもやることはあって、忙しくできる。ついでに言うと仕事以外にも家事とか、読書とかもいくらでもやることはあるし、やりたいこともやるべきこともある。リストを書き出せば際限がない。

相変わらず家庭内の経済的大黒柱であるから、常にお金が入ってくるようにしておかなきゃいけないし、総務・経理・マーケティング・営業、そして実際にお客様へのサービス提供やら成果物を渡すという流れを全部一人でやることになる。
まぁ広い範囲で常にいろんなことを考えておかないとならない。

なので、忙しいと言えば忙しいのかもしれない。

一方で、組織に所属していないし、育児も介護もない。ついでに言うと、子育ても一段落したし、生活パターンを見なおしたら、あんまりお金もいらないことがわかったので、そんなにタイトな仕事を引き受ける必要性がない。

そもそもタイトな仕事を引き受けるとどうしても品質が落ちる。そうなると、結局次の仕事につながらないし、満足度も低いのであまり良いことはない。(組織じゃないので、私が駄目でも他のメンバーが良い仕事をすれば仕事が入ってくるということがない)
ついでに言うとタイトなスケジュールで低品質の仕事は学べることもかなり少ない。相当な金額をもらってもあんまりやりたくない。
やっつけ仕事というのは、どうも後味が悪くて気持ち悪いのだ。

(さらに言うとタイトな仕事引き受けるとストレス溜まるし、後味悪いと腹立つし、そんなとき私の場合は、ぱーっと高い買い物しちゃったり、エステ行ったり、高い店で飲み食いしたりするので、いくらお金をもらっても赤字になることが多いので、1つも良いことがないのだ)

そんなこんなでぎゅうぎゅうに仕事を詰めることは2013年以降やっていない。
朝御飯はまともなものが食べたい。ヨガもしくは瞑想は1時間ぐらいやりたい。犬の散歩1時間はほぼMUST。家の中がある程度片付いていないのは嫌。本はどれだけでも読みたい…

なんて優先順位だと、どうしても仕事は後回しになる。

仕事がそれほど詰まっていないと、ブロックされている時間というのは非常に少ない。(そもそも組織にいなi時点で、大幅にブロックされている時間が少ない人グループに入ると思う)

「忙しい」の対義語が「暇」だとすれば、私は「暇な人」だと思う。でも、その暇を作り出すために常に頭の中をフル回転させているのでそれはそれで忙しい気がする。

フリーランスなので、「暇」と言うと、ものすごく心配される。でも、それについて細かい説明を聞く時間は大体先方の側にない(なぜなら、先方は忙しいから…)。

ということで、私の方としては「忙しいですか?」という質問に対し、「まぁまぁですね」と言うような、全然質問に対する回答にならないような返事をしている昨今なのだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. NO IMAGE
  2. NO IMAGE

    2007.07.03

    折り返し地点
  3. 2017.05.17

    minutes No.18
  4. NO IMAGE
  5. NO IMAGE

    2016.11.15

    minutes No.15
  6. NO IMAGE

コメント

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。