あたりまえの価値

深澤直人「デザインの輪郭」より引用

白いご飯は毎日食べているけれども
「これがあれば私は幸せです」って
断言できるようなところがあるじゃないですか。
そういうのは、けっこうハイレベルな満足だと思います。
日常の中で、あたりまえに、
「わかっていそうで、わかっていなかった」ことをデザインでやりたい。
「なんで白いご飯がこんなにうまかったんだろう」って
気づくようなことを。
刺身のつまの千切り大根のようなものです。
誰も期待していないそれが、「あれ!うまいなぁ~」、
なんてことが起きないかと。
あたりまえの価値に気づくことが
もっとも感動的だと思う。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. NO IMAGE
  2. NO IMAGE
  3. NO IMAGE
  4. NO IMAGE
  5. NO IMAGE

    2009.05.03

    断る力
  6. NO IMAGE

コメント

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。