RE DESIGN―日常の21世紀

この本はぜひ、最初のページから1ページずつゆっくり読んでほしい。

先にぱらぱらと中身を見てはいけない。
新鮮な感動が薄れてしまう。

「読む」、ではなく、体感かもしれない。

日常に既に存在する、私たちが日頃よく目にして、ほとんど無意識にすら使っているものをリ・デザインする。
リ・デザインとは、デザインのやり直し。
32のアイテムが、様々な意味での作家から、リ・デザインされる。

まずは、「テーマ」が与えられる。
これをじっくり読む。

次に、それについての作家の回答とその作家のプロフィールを読む。

そして、次のページを開くと、そこにはまったく新しいものが生まれている。
はっとする。
息を飲む。

紙皿、シール・ラベル、絵はがき、仮設住宅、金魚すくい器具、etc.

その新鮮な感覚をゆっくり味わって、体感してほしい。
作り手の静かな存在感がそこから感じられる。ある種贅沢な本。

ちょっと首を傾げるだけで世界は変わる 深澤直人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. フォトリーディングImage
  2. NO IMAGE
  3. NO IMAGE

    2006.11.09

    時間
  4. NO IMAGE
  5. NO IMAGE
  6. books

    2017.01.06

    季節のうた

コメント

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。