殴られたら殴り返す

外資系企業で生き残るには、
「殴られたら、殴り返す」
それもできれば、
「二度と殴りかかってこないように、自分を殴ったことを後悔するように、ぼこぼこにしておく」というのが必要です。

ちょっと殴られたぐらいだから、今回は大目に見ようなどと思うと、
「あの人は殴っても良い人だ・・・」と思われます。(それも、殴った人だけでなく周囲のみんなから)
そうなるとかえって面倒なので、最初が肝心なのです。

外資の達人になると、最初から殴られないように、
「この人に手を出してはいけない・・・」と周囲から思われるオーラが出せるようになります。
さらに、「この人とは仲良くしておこう」と思われれば、完璧です。

タフで、且つ敏感、そして素早いアクションが、外資系企業で生き残るには必要です。
案外、そういう肝心なことが本には書いてなかったり、周囲が教えてくれなかったりするので、ちょっと書いておきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. NO IMAGE

    2015.08.26

    minutes No.10
  2. NO IMAGE
  3. NO IMAGE
  4. NO IMAGE
  5. NO IMAGE

    2005.08.23

    ふっきり力

コメント

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。