休耕期間

「ところで、yoshikooさん、これからどうするんですか?」と聞かれることが多い。
2013年1月に正社員を辞めてから、まぁ3ヶ月は少なくとも休もう…が、半年になり、今は目指せ1年休みという感じである。
まぁ、と言っても全然仕事をしていないわけでもなく、相変わらずコーチングは続けているし、フリーとしか言いようがないという仕事もしたり、たまには派遣の仕事をしたり、という感じである。

でも、質問者の聞きたいことは、いつから一日最低7時間×最低5日=少なくとも週35時間ぐらい働くのか?ということだろうから、そういう質問に答えるとすれば、うーん、INPUTの多い仕事なら、そういうのもありだけれど、OUTPUTメインなら、当面全然そんな仕事をする予定はない…としか、答えようがない。

畑の休耕期間みたいなものだと最近思っている。
このままだけど、私の畑の土はカスカスになってしまう。野菜を産み出す養分がもう枯渇しているとも言える。
まぁ、もちろん今までの経験値やら何やらで、追加カンフル的な肥料でそれらしい野菜を作ることはできなくない。多分あと10年ぐらいは何とかなるだろう。
しかし、自分も食べたくないようなカスカスな野菜を作るのは嫌だなぁと思う。

ということで、今年は気がついたら畑の土を豊かにするためのINPUTメイン。フルタイムで働いていたら、できない深堀りをあちこちでしている。
INPUTの低い毎日は、気力、体力が奪われすぎて、軟弱な私にはどうも私は無理みたい。
INPUTが畑の土そのものを健康にしている…。かなり土は元気になったので、そろそろ植えるものを取り揃えようとあちこち見て回っている。

42歳にして、ようやく自分の使い方が見えてきたような気がするなぁ、としみじみ思う今日此頃。
生きている限り働こうと思うと、戦略はやっぱり必要だと思うんだ。<BR><BR>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. NO IMAGE
  2. NO IMAGE
  3. NO IMAGE

    2015.07.04

    minutes No.9
  4. NO IMAGE
  5. NO IMAGE
  6. NO IMAGE

    2014.10.20

    自殺と天国

コメント

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。