カテゴリー: ささやかなこと

フィルタリング

4時半起床。 鳥の鳴き声がするから、きっと雨は降っていないのだろう。 涼しい日が数日続いていて、窓をあけておけば、エアコンをつけないで済むのがありがたい。 珍しく朝からコーヒーの豆を一人分挽き、コーヒーを淹れる。 手動のミルで豆を挽いていると、豆によってなのか焙煎によってなのか、随分と挽きやすい豆とそうでない豆があることがわかった。 近所のやなかコーヒーが自粛要請でお店を閉めている間に、いろんなコ […]

続きを読む

ルーチンワークと選択肢

3時起床。 うっすら眠いのだけれど、気持ちよく眠れそうにないので起きてしまう。 ブログの記事を書いてアップして、煎茶に梅干しをいれて飲む。亡くなった父は、私たちが小さい頃よくこうやってお茶を飲んでいた。 空は真っ暗で雨のなか、道路を走る車の音が聞こえる。 いつもの朝ごはん。玄米、お味噌汁(ベランダで干したきのことワカメ)、鯵の開き、インゲンの塩昆布あえ、新生姜の佃煮、ぬか漬け。 今日のぬか漬けは、 […]

続きを読む

トウモロコシご飯

基本玄米の我が家が白米を炊くのは、炊き込みご飯を作るときと、前夜に玄米を研ぐのを忘れたとき。 玄米は浸水時間が長いので、そういうときは夏場なら30分程度の浸水で済む白米が便利なのだ。 今朝はトウモロコシご飯のため、白米を炊く。 レシピは白ごはん.comのもので、今回は炊きあがりにバターと醤油を少し追加。 そこにガリガリと黒胡椒を挽いてかける。 昨日商店街で買ったトウモロコシは、今どき珍しく痩せたト […]

続きを読む

風みどり

風みどり何を着ませうか誕生日 京都 白川亮さんの俳句/日経新聞朝刊 2020年6月13日掲載 6月半ばの新聞に掲載されていたものだが、7月上旬にこの新聞を読んだ。 この俳句の解説によると、俳句を作られた(俳句は書くじゃなくて、作るであっているかな?)白川さんは誕生日に97歳になられたそうだ。 ひと目見て、なんて爽やかできれいな俳句だろうと。 97歳でも美しいものに対する感性とか、季節や洋服を身につ […]

続きを読む

リモートワークでの最強おやつ

相変わらず、必要最低限にしか人に逢わず、外に出ずという暮らしが2月の終わりから続いている。 人によってはストレスかもしれないが、私にはこの暮らしが一番体調的に安定するみたい。 体調が良ければ、仕事も滞らず、家も乱雑にもならず、夫とのコミュニケーションも円滑だ。 もともと作業的な仕事というのがあまり多くないタイプの仕事なのだが、以前にも増して、集中力の必要な仕事が増えている気がする。 一人で仕事をし […]

続きを読む

ぶれない人

旦那様は今週とても忙しくて、大好きなスポーツジムに行く隙が全く無いそうだ。 妻の忘年会への出席が多いのが大きな原因。 前日から、「明日の午前中は、絶対にジムに行く!」と宣言していた。 そうして、朝食用のお米だけ炊くと朝ごはんも食べずに出かけていった。 私が1時間ほどお風呂に入り、すっかり温まってのんびりとしていると、旦那様が買物袋を持って帰ってきた。 ジムに行くつもりで、出かけたものの、途中で止め […]

続きを読む

教えてもらったこと

仕事の必要性から、簿記の本に目を通している。 ハッと気づく。 私、これやったことある! ・・・それもちょっと勉強したとかじゃなくて・・・・・、 仕訳帳とか総勘定元帳とか、自分でつける仕事をしていたことを思い出した。 それは私の一番最初の仕事で、秘書の仕事と子会社の経理事務を兼任していた時のことだ。といっても勘定科目も非常に少なく、請求も回収も全て自分のいる親会社相手のものであるため、単に記録係に過 […]

続きを読む

出張明け

出張先の福岡は寒かった。 九州というと暖かいイメージがあったのだが、福岡は雪も降るし、今回の出張では、私の暮らす東京の街よりもずっと寒く感じた。 自宅近くの駅から、公園に入ると銀杏の葉っぱがすっかり落ちていた。 ああ、本当に本当に冬なんだなと思う。 自宅に戻るといつものことだが、ぐちゃぐちゃな状態。 新聞と郵便物まで集合ポストにたくさん溜められている。 洗濯物もたまっている。 やれやれ・・・・。福 […]

続きを読む