タグ: キャリア

スタンフォードが教える本当の「働き方改革」

books

2020年は、新型コロナウイルス感染症に振り回された1年だったと記憶される年になりそうです。 不要不急の外出を控え、人との対面でのコミュニケーションが減り、離れて暮らす家族とは会うことも難しくなり、そして日本の企業ではこれまではノロノロとしていた働き方改革が急速に進んだところも多いでしょう。 このような生活や働き方が大きく変わらざる得ない環境下では、改めて自分にとっての働き方や仕事の取り組み方を見 […]

続きを読む

TIME TIMER

先日、ディスプレイの毎日の使用時間を減らしたい‥という話を書いた。 トンデモ本 一体何にそんなに時間を使っているのかとiPhoneのスクリーンタイムを調べてみると、「Toggle」という時間の使い方をトラッキングするアプリケーションだった。 もともとは各顧問先の仕事にどのぐらい時間を使っているのかというのを測るために使用していたのだが、ここ1年ぐらいは自分の時間の使い方を1週間でバランスを取るため […]

続きを読む

おしゃれエリア

自然に早く目が覚めてしまって、3時起床。サクサクと仕事が片付いたのは、素晴らしいが、朝食後にすっかり眠くなってしまい、午前中に2時間もまた寝てしまった。まぁ、いいでしょう。 お昼は最近お気に入りのマルボシ中華そばを油そばにして、いただく。 たまたまスーパーで見かけて、インスタントラーメンの袋物買うよりもずっとコスパが良かったので、買ってみたらこれがなかなか悪くなくて最近のおお気に入り。麺だけでスー […]

続きを読む

活字アレルギー

久しぶりにガッツリとホワイトペーパーを作る仕事が回ってきて、関連資料をひたすら読み漁り、マインドマップを書きなぐる日。 全然資料がなくて、書けません‥という話だったけれど、関連する監督官庁のところとにいったら、芋づる式に資料が見つかって、なるほど、ここが根本ところなのね・・というのにたどり着いた。 私の提供された下案のホワイトペーパーは、言いたいことの雰囲気はわかるが、なんというか骨格がグダグダで […]

続きを読む

フィルタリング

4時半起床。 鳥の鳴き声がするから、きっと雨は降っていないのだろう。 涼しい日が数日続いていて、窓をあけておけば、エアコンをつけないで済むのがありがたい。 珍しく朝からコーヒーの豆を一人分挽き、コーヒーを淹れる。 手動のミルで豆を挽いていると、豆によってなのか焙煎によってなのか、随分と挽きやすい豆とそうでない豆があることがわかった。 近所のやなかコーヒーが自粛要請でお店を閉めている間に、いろんなコ […]

続きを読む

外資系でのリモートワーク

新型コロナウィルス感染防止ということで、テレワークを取り入れる企業が随分と増えた。 働き方改革といくら宣言されても、なかなか進まなかったもの切羽詰まればかなりスピードで実現するものだ。 自身の顧問先でもこの機会にリモートワークが取り入れられたし、コーチングのクライアントさんや友人たちの会社でもリモートワークになったという話をたくさん聞いた。 あちこちの導入事例の話を見たり聞いたりして、気になったの […]

続きを読む

生活習慣の見直し

夏頃から、夜の外出とアルコール摂取を減らしています。 年齢とともに体力が落ちてきて、それと同時に「頭が動く時間」+「気力や根気が必要な仕事や作業に取り組める時間」というのがものすごく減ってきました。 私の場合、エネルギーのある時間というのは、AM4:00-11:00までなのですが、途中で朝食作り、朝食、洗濯、入浴というので2時間ぐらい取られますので、実際には1日4〜5時間ぐらいです。 自分の頭を使 […]

続きを読む

講演会:すべては『好き嫌い』から始まる 楠木建

「ストーリーとしての競争戦略」で有名な楠木建先生の講演を聞きに、丸の内の慶應夕学50講へ行ってきた。 講演タイトルは、「すべては『好き嫌い』から始まる」。 ユニクロのライフウェアが大好きという先生は、ユニクロのTシャツにデニムで登場、よく似合ってらっしゃっていて、素敵だ。 それより何よりとにかく声が素敵なのに驚かされた。 当たり前だが、本を読んでいるだけでは、こういうのはわからない。 先生の専門分 […]

続きを読む

Weekly Review – Week 31

notepad-on-a-desk_

【仕事】 前半は顧問先のトラブル収拾にあれこれ駆り出されて、バタバタと忙しく、後半は仕事で2泊3日で東北へ。 初めてのねぶた祭りや竿燈まつりなど楽しくもありましたが、やはり気を使う場面が多いし、自分でスケジュールは全く組めないし、何よりずっと外食というのが疲れました。 トラブルに関しては、仕事が雑だなぁという印象です。 営業育成をしていて思うのは、どうも仕事が雑な若手が増えているのか、はたまた以前 […]

続きを読む