タグ: ビジネス

Weekly Review – week43, 2020

notepad-on-a-desk_

日曜日の晩になんだかやけに疲れたなぁ・・と20時前に就寝。 夜中にパジャマがびっしょりになるほど、汗をかいて2度ほど着替える羽目になりました。 特に頭痛とかもなかったのですが、発熱したようです。 起きたら非常にスッキリしていて、その後は全く体調も悪くなく… 風邪をちゃんとひいて薬を使わずに治すとむしろ体調が良くなるという野口晴康氏の「風邪の効用」を思い出しました。 風邪をひいたという感じはまったく […]

続きを読む

日々のマネジメントを振り返る8(アフターコロナ)

日々の記録については、随分と長いことあれこれ試行錯誤を繰り返している。 いったん、定着していたのが、カテゴリー「日々のマネジメントを振り返る」にある1〜7までの記事。 このカテゴリにある記事の1〜6までは2016年に投稿したもの。 そこから4年近く経って、随分と変わってきた気がするので、少し備忘録としてまとめておく。 まず、ミッションステートメントの内容は大幅に変わった。 日々のマネジメントを振り […]

続きを読む

スタンフォードが教える本当の「働き方改革」

books

2020年は、新型コロナウイルス感染症に振り回された1年だったと記憶される年になりそうです。 不要不急の外出を控え、人との対面でのコミュニケーションが減り、離れて暮らす家族とは会うことも難しくなり、そして日本の企業ではこれまではノロノロとしていた働き方改革が急速に進んだところも多いでしょう。 このような生活や働き方が大きく変わらざる得ない環境下では、改めて自分にとっての働き方や仕事の取り組み方を見 […]

続きを読む

TIME TIMER

先日、ディスプレイの毎日の使用時間を減らしたい‥という話を書いた。 トンデモ本 一体何にそんなに時間を使っているのかとiPhoneのスクリーンタイムを調べてみると、「Toggle」という時間の使い方をトラッキングするアプリケーションだった。 もともとは各顧問先の仕事にどのぐらい時間を使っているのかというのを測るために使用していたのだが、ここ1年ぐらいは自分の時間の使い方を1週間でバランスを取るため […]

続きを読む

活字アレルギー

久しぶりにガッツリとホワイトペーパーを作る仕事が回ってきて、関連資料をひたすら読み漁り、マインドマップを書きなぐる日。 全然資料がなくて、書けません‥という話だったけれど、関連する監督官庁のところとにいったら、芋づる式に資料が見つかって、なるほど、ここが根本ところなのね・・というのにたどり着いた。 私の提供された下案のホワイトペーパーは、言いたいことの雰囲気はわかるが、なんというか骨格がグダグダで […]

続きを読む

他所様の読書会にお邪魔してきました。

books

自分自身が読書会を主催しておきながら、実は読書会に参加したことがない‥ということで、初めてよその読書会に参加してみました。 サードプレイス  ~一緒に本を読む会~  参加したのは、本好きの方の間では有名な双子のライオン堂さんのもので、以前はリアルで開催されていた読書会ですが、このような状況下のため、最近はオンライン開催になったようです。 リアルの時からずっと気になっていたのですが、何しろ会が終わる […]

続きを読む

今も昔も

3時起床。 犬の飲み水があるかな?と突然気になって起きたら、そのまま起きてしまった(水は少なめではあったが、ちゃんとあった) ブログ記事をアップして、温かい紅茶を淹れ、そこに蜂蜜を投入。 ちょっと身体が冷えている感じがする。 自宅の紅茶は、麦茶替わりにアイスティーを常備しているのもあって、結構大量にティーバッグを使う。 色々と試したが、ここ数年はJanatのEarl Greyに落ち着いている。 朝 […]

続きを読む

浮かばない絵

4時起床。 スズメがチュンチュンと鳴いているから、雨は降っていないのかも。 いただきもののティーバッグの梅麦茶を淹れる。 説明の難しい味だが、なんとなく癖になる味のお茶だ。 朝ごはんは、玄米を炊いて、銀鮭焼いて、昨日作っておいたベジブロスをベースに冷凍しておいたキノコ類と干したエノキでお味噌汁、干しエノキとベジブロスだから出汁をひかないでよくて楽ちん。そこにポチ(夫)が昨晩仕込んでおいてくれたゴボ […]

続きを読む

午後の生産性

4時起床。 昨晩、アルコールを入れずに寝たせいか眠りが深かった。 あまり喉も渇いていないようなので、ソルダムを齧って朝の水分補給。 外は曇り空。 朝ごはんは、玄米を炊いて、鯵の干物を焼いて、ぬか漬けはゴボウと茗荷、お味噌汁は先日ひたし豆を作るときに、残った豆の茹で汁に大根の葉っぱと玉ねぎを投入したもの。 お出汁の段階ではいい感じだったのだが、お味噌を投入したら赤味噌と相性が良くないのか、微妙な仕上 […]

続きを読む