タグ: ビジネス

プレゼンス・マネジメント

8年前からアメリカの外資系企業で働き始めました。独立した現在も代理店マネジメントの仕事を引き受けています。 1年に何度か、各国に散らばるメンバーを一堂に集めAll Handsと呼ばれるミーティングが行われたり、また世界に広がる代理店を集めてのサミットと呼んでいる会合が行われます。 どちらも朝食からミーティングが始まり、初日の晩にはカクテルレセプション、夜にはディナーがあります。 日本企業だけの場合 […]

続きを読む

誉める前に気づく

コーチングというと、「あー、誉めて部下を伸ばすやつでしょう」という話を未だに結構聞く。 まぁ、そういう側面もありますね・・・。 「でも、誉めるようなことしないんだよなぁ・・・・」というのが大概続く。 これは仕事の場面でも、子育ての場面でもよく耳にする話だ。 「誉める」というのは、簡単なようで結構難しい。 大して何とも思っていないのに、一応誉めたりすると、間違いなくそれは相手に見破られる。 「誉める […]

続きを読む

月曜日のやりすごし方

月曜日という日は、難しい日です。 張り切って一週間を始めよう!と思うときもあれば、前日から「月曜日いや~」という時もあるし、はたまた、オフィスに着いてから「なんか仕事モードに入らない~」なんていう時もあります。 「なんか仕事モードに入らない~」からと言って、職場にいるときは仕事しないわけにもいかないので、私はこういう時に、あまり頭を使わなくてもいい仕事で徐々にエンジンをかけます。 たとえば、以下の […]

続きを読む

仕事力UP

2月の下旬から体力強化に取り組んでいます。 自宅前の公園をWalking (当初ランニングでしたが、挫折) 朝置きぬけの腹筋 (20回) 週一回のプール通い (夫とのCommunicationも兼ねて) 午前中の果物の摂取  禁煙 (正確には節煙?) お菓子類を食べない 脚を組まない(腰痛軽減のため) 毎日、毎週ちゃんとできているわけではありませんが、我ながら、「まぁ、結構できてるな」と思うものが […]

続きを読む

米国コーチング事情

今回のアメリカ出張ですごく良かったのは、アメリカのプロフェッショナルコーチと話ができたこと。 コーチングは大きく分けると「パーソナル・コーチング」と「ビジネス・コーチング」に分けることができる。 前者はクライアントの人生全般を取り扱うというかなり枠が広いものだが、実際には人間関係、ワークライフバランス、将来の設計、タイムマネジメント、キャリアマネジメント等が多い。 後者は、その人のセールススキルを […]

続きを読む

なくて七癖

アメリカの出張で、ビジネスコーチによるトレーニングを受けてきました。 後半のトレーニングでは、顧客との会話をフレームワークを使ってリードするというものを学んだのですが、そこでは実際の顧客を想定して会話を実践し、ビデオに収録し、より客観的に自分の会話の仕方を観るというものがありました。 想定顧客に扮するのは、メンターと呼ばれる、自分の所属する企業において豊かな経験と実績を持つ営業マネージャーです。 […]

続きを読む

仕事の山の崩し方

「貴方の仕事のコツを教えてください。」 仕事が山ほど溜まってしまった時は、とりあえず、思いついた順にやらなくてはいけない仕事を紙に書き出して、上から順に(なるべく考えずに!)仕事を片付けます。 優先順位とか重要度とかは付けません。 優先順位とか重要度とか・・・と付け始めると仕事が片付かないし、面倒くさい仕事は、「うんうん」唸りながら後回しにしてしまうことが多いからです。 上から順にとにかく片付ける […]

続きを読む

「何も知らない」

久しぶりに組織内の人を育てるという仕事に関わっている。 ある日本のベンチャー企業でマーケティングの立上げを請け負っているが、それと併せて一人マーケティング担当者育てて欲しいというリクエストを受けた。 当初は、マーケティング・コミュニケーション・ツールを一通り準備して、一段落したところで、経験者採用という話だったのだが、社内からぜひその仕事をやってみたいという声が上がり、急遽社内で育成ということにな […]

続きを読む

恩を売る

現在は、個人事業主としてあちこちの企業の様々な仕事とコーチングをを生業にしています。 そのうちの1つに、某外資系企業で代理店のマネジメントを担当しするという仕事があります。 今日はその話を少し。 社内の営業マンから、 「製品ABCを買いたいというお客様がいるのですが、代理店に相談したところ、製品ABCを販売するには6台以上でないと駄目ですといわれてしまいました。(お客様の希望は2台) それであれば […]

続きを読む

ベンチャー企業と女性のキャリア

仕事柄たくさんのベンチャー企業を訪問します。私自身もベンチャー企業を数社経験しています。 私は女性がいわゆる男性同等と仕事をしていると世間的に認められる一つの壁は、年収500万ではないかと感じています。 年収500万を超えるラインをもらっていると、一人前の仕事をまかせられている、いわゆるアシスタント職では無いととらえられると感じています。(勿論、地方や業界によりある程度のズレはあり、これはあくまで […]

続きを読む