タグ: 展覧会

展覧会:「イメージを読む 写真の時間」「イメージの洞窟 意識の源を探る」東京都写真美術館

秋晴れのお天気の中、久しぶりに恵比寿の東京都写真美術館に行ってきました。 「イメージを読む 写真の時間」で印象に残ったのは、米田知子さんの眼鏡越しにテキストや風景を見たところが、写真に撮られている作品。 何というわかりにくい説明…。 美術館のサイトのこちらのトップに掲載されている写真「安部公房の眼鏡―『箱男』の原稿を見る》」をご覧いただくのが一番わかりやすいかと思われます。 この作品以外に「フロイ […]

続きを読む

Weekly Review – Week33

notepad-on-a-desk_

大学のスクーリングで始まった一週間。 スクーリングの朝は、朝マックと決めており、毎回至福のジャンクフード時間(コカ・コーラ、ハッシュドポテト、ソーセージエッグマフィン)を過ごしております。 【身体】 ゲリラ豪雨→湿気を伴ったものすごい暑さの繰り返しの日に、たまたま外出がぶつかってしまい、とにかく頭がクラクラして熱中症のような症状となった週の半ば。 一日休めばなんとかなるかと思っていたのですが、その […]

続きを読む

「庭とエスキース」&「弁造さんのエスキース展」

少し前までは、「この本読みたい!」と思ったら、その場でAmazonに発注もしくは図書館に予約を入れるというのが多かった。 ここしばらくは、仕事で必要な急ぎの本以外は、本屋さんで出会えるまで待つことが多くなった。 「庭とエスキース」もそんな一冊。 みすず書房のニュースレターかパブリッシャーズ・レビューか、はたまたその両方でこの本を知ったのではないかと思う。 良さそうな本だなぁとは、直感的に感じたが3 […]

続きを読む

Weekly Review – Week23

notepad-on-a-desk_

【家事】 週の頭の日曜日は、サンドイッチを持って、ポチ(夫)と義母(ポチのお母さん)とくるみ(ミニチュア・シュナウザー 1歳2ヶ月)で神奈川県にある金剛山に行く予定でしたが、急遽、義母のご兄弟が緊急入院されたということで、ポチと義母で長野に行くことになり、中止となりました。 のんびり読書しようかなぁ‥とニコニコしていた私。 サンドイッチ用のレタス早く使わないとね、と冷蔵庫を開けたらレタス以外にも大 […]

続きを読む

DIC川村記念美術館

以前からずーっと行きたかった「DIC川村記念美術館」にようやく訪れることができました。 お仕事が近くで会ったのに合わせての訪問です。 この日は、特別な展覧会はなく常設展示のみでしたが、平日ということもありかえって空いていてよかったのかもしれません。 お天気もよくちょっとした小旅行気分で、マインドフルに楽しむことができました。 【アクセス】 行きは東京駅八重洲口から京成バスで一本で行ってきました。平 […]

続きを読む

Weekly Review – Week11

notepad-on-a-desk_

【仕事】 たまたま同居人ポチが2日間ほど仕事で会社に行かなくてはらないスケジュールがない、自宅で仕事ができるというので、犬をお任せして、時間があるときに、一度来て欲しいと以前から言われていたやや遠いお客様先へ訪問。 片方は東京の西側、片方は千葉の奥ということで、それぞれ一日がかりの仕事になりました。 どちらも当初こういうことを仕事でお願いできないか‥というのがあったのですが、いろいろとお話を聴いて […]

続きを読む

いわさきちひろ、絵描きです

チケットをいただいたので、いわさきちひろの生誕100年となる展覧会「いわさきちひろ、絵描きです」を観てきた。 黒柳徹子の書いた自伝的小説「窓際のトットちゃん」を読んだのは、おそらく小学校高学年のとき。 本の挿絵の描いたのは、いわさきちひろ、おそらくそのとき初めてこの人の絵を知ったのだと思う。 小学生のわたしにとって、黒柳徹子といえば「ザ・ベストテン」の司会者でやたらによくしゃべる玉ねぎ頭のおばさん […]

続きを読む

「ニューヨークが生んだ伝説 写真家ソール・ライター展」

2017年前半はとても慌ただしくて、展覧会に行かないまま5月になってしまった。 今年最初に観た展覧会が渋谷のBunkamura ザ・ミュージアムの「ニューヨークが生んだ伝説 写真家ソール・ライター展」だ。 絵画の展覧会は、込められたものが多すぎるのかどうも観るのに体力がいる気が最近している。 終わって美術館を後にするとぐったりしてしまう。特に一人の画家を扱った展覧会だと尚更だ。 頭の中にそんな重た […]

続きを読む

The Power of Colors 菊池寛実記念 智美術館

日経新聞の朝刊で見かけた 展覧会「The Power of Colors」。そこには徳田八十吉の釉薬で色彩を調整した鮮やかな美しい作品が掲載されていた。その色鮮やかさにギュッと何かをつかまれた感じがあった。 虎ノ門に美術館? よくよく読んでみると、そこは菊池寛実記念 智美術館というところらしい。ホテル・オークラのそばに陶芸の美術館があったのか…。 仕事の調整はつきそうなので、早速その日の午前中に行 […]

続きを読む

志村ふくみ 母衣への回帰 京都国立近代美術館

京都出張のついでに、行きたいな…と前から考えていた展覧会に行ってきた。 このところ、東京の展覧会は馬鹿みたいに混んでいることが多くて、げんなりさせられることもあるもしばしばだが、こちらは金曜日の午後というのにゆったりと空いていて快適だった。 東京は冬に逆戻りしたような寒さにプラスしてどんよりした雨雲だったせいか、京都について青空を背にした平安神宮の赤い鳥居はいつもよりずっと美しく感じられた。 今回 […]

続きを読む