タグ: 展覧会

DIC川村記念美術館

以前からずーっと行きたかった「DIC川村記念美術館」にようやく訪れることができました。 お仕事が近くで会ったのに合わせての訪問です。 この日は、特別な展覧会はなく常設展示のみでしたが、平日ということもありかえって空いていてよかったのかもしれません。 お天気もよくちょっとした小旅行気分で、マインドフルに楽しむことができました。 【アクセス】 行きは東京駅八重洲口から京成バスで一本で行ってきました。平 […]

続きを読む

Weekly Review – Week11

notepad-on-a-desk_

【仕事】 たまたま同居人ポチが2日間ほど仕事で会社に行かなくてはらないスケジュールがない、自宅で仕事ができるというので、犬をお任せして、時間があるときに、一度来て欲しいと以前から言われていたやや遠いお客様先へ訪問。 片方は東京の西側、片方は千葉の奥ということで、それぞれ一日がかりの仕事になりました。 どちらも当初こういうことを仕事でお願いできないか‥というのがあったのですが、いろいろとお話を聴いて […]

続きを読む

いわさきちひろ、絵描きです

チケットをいただいたので、いわさきちひろの生誕100年となる展覧会「いわさきちひろ、絵描きです」を観てきた。 黒柳徹子の書いた自伝的小説「窓際のトットちゃん」を読んだのは、おそらく小学校高学年のとき。 本の挿絵の描いたのは、いわさきちひろ、おそらくそのとき初めてこの人の絵を知ったのだと思う。 小学生のわたしにとって、黒柳徹子といえば「ザ・ベストテン」の司会者でやたらによくしゃべる玉ねぎ頭のおばさん […]

続きを読む

「ニューヨークが生んだ伝説 写真家ソール・ライター展」

2017年前半はとても慌ただしくて、展覧会に行かないまま5月になってしまった。 今年最初に観た展覧会が渋谷のBunkamura ザ・ミュージアムの「ニューヨークが生んだ伝説 写真家ソール・ライター展」だ。 絵画の展覧会は、込められたものが多すぎるのかどうも観るのに体力がいる気が最近している。 終わって美術館を後にするとぐったりしてしまう。特に一人の画家を扱った展覧会だと尚更だ。 頭の中にそんな重た […]

続きを読む

The Power of Colors 菊池寛実記念 智美術館

日経新聞の朝刊で見かけた 展覧会「The Power of Colors」。そこには徳田八十吉の釉薬で色彩を調整した鮮やかな美しい作品が掲載されていた。その色鮮やかさにギュッと何かをつかまれた感じがあった。 虎ノ門に美術館? よくよく読んでみると、そこは菊池寛実記念 智美術館というところらしい。ホテル・オークラのそばに陶芸の美術館があったのか…。 仕事の調整はつきそうなので、早速その日の午前中に行 […]

続きを読む

志村ふくみ 母衣への回帰 京都国立近代美術館

京都出張のついでに、行きたいな…と前から考えていた展覧会に行ってきた。 このところ、東京の展覧会は馬鹿みたいに混んでいることが多くて、げんなりさせられることもあるもしばしばだが、こちらは金曜日の午後というのにゆったりと空いていて快適だった。 東京は冬に逆戻りしたような寒さにプラスしてどんよりした雨雲だったせいか、京都について青空を背にした平安神宮の赤い鳥居はいつもよりずっと美しく感じられた。 今回 […]

続きを読む

2MEN SHOW stanley wong X anohtermountainman

原研哉氏のTweetからこの企画展「2MEN SHOW stanley wong X anohtermountainman」を知り、興味を惹かれて、初めてgggに行ってみた。 Stanley Wongについては何も知らないし、もちろん作品も見たことがなかった。この人の携わっている分野はとても広くて何という言葉でくくるのかもよくわからない。 でも、わからないけれど、物凄く印象に残った展示会だったので […]

続きを読む

蜷川実花:Self-image@原美術館

美術館が好きで、時間があるとちょくちょく行きます。 芸術作品を観るのが好き…というよりも、美術館という建物が好き…というのがまず第一にあります。 次にミュージアムショップが好き。 そして、最後に芸術作品を鑑賞するのが好きという順序です。 そんな私ですから、実業家の邸宅を美術館とした「原美術館」というのは、ドンピシャリ好みのはず。 しかし、品川とはいえ、駅からはかなり歩くことと、現代美術への苦手意識 […]

続きを読む

ヴァロットン展 三菱一号館美術館

東京都写真美術館の「フィオナ・タンまなざしの詩学」とどっちに行こうか迷いましたが、前後の予定が御茶ノ水と銀座だったので、丸の内にある「ヴァロットン展」三菱一号館美術館を選択しました。 最近気がついたのですが、私は色使いの多い絵よりも色使いの少ない絵の方に魅力を感じるようでヴァロットンの絵に代表されるような多彩な色彩は、あまり好みじゃないかな…と思っていたのですが、彼は非常にたくさんの版画も残してい […]

続きを読む

水の音 −広重から千住博まで− 山種美術館

広尾にある山種美術館に行くのはこれが初めて。平日の日中に訪れたが、展覧会の会期終了近いせいか想像していたよりも混んでいた。 日本画の展覧会に行くと、猛烈に着物が着たくなるというのは、私だけではないだろう。 この展覧会でも、山本丘人「流転之詩」に描かれた急な沢の流れときっぱりとした竹の対比を眺めるとあんな絵柄の着物が着こなせたら、どんなに格好良いだろうか・・・とつい考えてしまう。 洋服を買う場合には […]

続きを読む