タグ: 愛ある生活。

逗子日記:二〇二二年一二月 閉塞成冬 (そらさむくふゆとなる)

5時半起床。 仕事部屋の温度計は13度を指している。湿度は充分あるようなので、エアコンだけつけて、電気ポットをつけて、パジャマのズボンの上に防寒スカートを巻く。 白湯を飲みながら、指が温まるのを待ち、身体が温まり始めるとぼちぼちと動き出す。 夫も犬もまだ布団の中だ。 今日から二十四節気の「大雪 (たいせつ)」。 すっかり寒くなり、今朝は窓ガラスが結露していた。ガラスを拭きながら、ああ、大掃除しなく […]

続きを読む

2022年11月の振り返り

10月の振り返り記事は小指の不調その他ありまして、飛ばして11月のものを書いていきます。 2021年との比較 娘のところに第二子の孫が産まれるということでわりと落ち着かなかったのが昨年の11月でした。 1年経って読むと、それなりに仕事が忙しそうですが、当時は夫が今ほど外出が多くなかったので、私自身はある程度新しい仕事が受けやすい環境でした。今はそのあたりが難しい状況です。 2021年11月の振り返 […]

続きを読む

Weekly Review – Week 42nd, 2022

notepad-on-a-desk_

今週は全体にお天気に恵まれ、週末は久しぶりに夫も泊まりの仕事がなかったので、披露山に行ったり、観音崎公園に行ったりと、外遊びを楽しみました。 この投稿をInstagramで見る Yoshiko Ohtaki(@ohyoshiko)がシェアした投稿 この投稿をInstagramで見る Yoshiko Ohtaki(@ohyoshiko)がシェアした投稿 気圧の変動と仕事の進め方 相変わらず気圧の変動 […]

続きを読む

逗子日記:二〇二二年十月 霜始降 (しもはじめてふる)

4時起床。 布団の温かさが気持ちよくて抜け出せず、そのままKindleで山本文緒の「ファーストプライオリティ」 31歳の女性が主役の短編集。 どの作品も切り口がスパッとしていて、本当にうまい。繰り返し読んでしまう短編集。 私が31歳のときのファーストプライオリティは間違いなく仕事だったな‥などと思い返す。30代前半は仕事しかしていないな‥多分。 9月の後半から、モーニングページを再開して、途切れる […]

続きを読む

Weekly Review – week 41st, 2022

notepad-on-a-desk_

全体的に淡々と過ぎた一週間という感じでした。 かなり持ち出しの多かったプロジェクトがようやく終わったので、自分ご褒美に念願の山葡萄の籠バックを購入。 以前から欲しくて、これまでも随分とあちこちで見てきたのですが、編み方がちょっと今ひとつだったり、サイズが微妙に欲しい物からずれていたりでしたが、ようやく、コレ!というのが見つかりました。サイズはもちろん、柿渋染のふた・内布・ポケットが良かったのと、幅 […]

続きを読む

逗子日記:二〇二二年十月 蟋蟀在戸 (きりぎりすとにあり)

4時前起床。 天気予報を見ると、今日は雨が降ったりやんだりで、この時間からずっと日中にかけて気温が下がっていくようだ。 外に出る用事もないし、一日仕事で机からあまり離れられないことを考えると着物を着たかったが、昨日準備する時間がなかったし、着物の衣替えも終わりきってないし、今日はパスしておこう。 この投稿をInstagramで見る Yoshiko Ohtaki(@ohyoshiko)がシェアした投 […]

続きを読む

Weekly Review – week 37th, 2022

notepad-on-a-desk_

後半からシルバーウィークスタートとなりましたが、台風14号でお天気は大荒れ。滅多に波の立たない逗子海岸では、ご近所の人たちがウキウキとサーフボードを持って出掛ける姿をあちこちで見ました。 逗子に転居して満2年が過ぎましたので、思うところを少しまとめてみました。 逗子暮し3年目 今週もひたすら仕事に追われてしまい、予定していた東京都現代美術館も中止。大学の勉強もかろうじて、関連本を読むぐらいに留まっ […]

続きを読む

逗子暮し3年目

2022年9月で逗子暮しが3年目に入りました。 逗子暮し始まる。 逗子暮し 2年目 1年前の暮しから、いくつかの変化がありました。 最初に借りていた家を更新時期の前に解約し、2022年の2月から平屋暮しとなりました。動線は良くなったものの庭仕事が増えましたが、庭を愛でる楽しみも増えました。 この投稿をInstagramで見る Yoshiko Ohtaki(@ohyoshiko)がシェアした投稿 娘 […]

続きを読む

逗子日記 二〇二二年九月 玄鳥去 (つばめさる)

4時過ぎ起床。 台風14号の影響なのか、昨夜は目がさえてしまってさっぱり眠れず。 図書館で借りてきた小川糸さんのエッセイ「針と糸」を読んでいるうちに、少しずつ眠気がやってきたのが1時過ぎ。 そういうときにありがちなことで、夢見が悪い。 悪夢というほどではないけれど。 そんな浅い眠りを繰り返し、3時間ぐらい眠って起きる。 寝不足は持病の発作に直結するので、布団を引きっぱなしにしておいていつでも眠れそ […]

続きを読む