タグ: 静かな生活。

フィルタリング

4時半起床。 鳥の鳴き声がするから、きっと雨は降っていないのだろう。 涼しい日が数日続いていて、窓をあけておけば、エアコンをつけないで済むのがありがたい。 珍しく朝からコーヒーの豆を一人分挽き、コーヒーを淹れる。 手動のミルで豆を挽いていると、豆によってなのか焙煎によってなのか、随分と挽きやすい豆とそうでない豆があることがわかった。 近所のやなかコーヒーが自粛要請でお店を閉めている間に、いろんなコ […]

続きを読む

ルーチンワークと選択肢

3時起床。 うっすら眠いのだけれど、気持ちよく眠れそうにないので起きてしまう。 ブログの記事を書いてアップして、煎茶に梅干しをいれて飲む。亡くなった父は、私たちが小さい頃よくこうやってお茶を飲んでいた。 空は真っ暗で雨のなか、道路を走る車の音が聞こえる。 いつもの朝ごはん。玄米、お味噌汁(ベランダで干したきのことワカメ)、鯵の開き、インゲンの塩昆布あえ、新生姜の佃煮、ぬか漬け。 今日のぬか漬けは、 […]

続きを読む

トウモロコシご飯

基本玄米の我が家が白米を炊くのは、炊き込みご飯を作るときと、前夜に玄米を研ぐのを忘れたとき。 玄米は浸水時間が長いので、そういうときは夏場なら30分程度の浸水で済む白米が便利なのだ。 今朝はトウモロコシご飯のため、白米を炊く。 レシピは白ごはん.comのもので、今回は炊きあがりにバターと醤油を少し追加。 そこにガリガリと黒胡椒を挽いてかける。 昨日商店街で買ったトウモロコシは、今どき珍しく痩せたト […]

続きを読む

風みどり

風みどり何を着ませうか誕生日 京都 白川亮さんの俳句/日経新聞朝刊 2020年6月13日掲載 6月半ばの新聞に掲載されていたものだが、7月上旬にこの新聞を読んだ。 この俳句の解説によると、俳句を作られた(俳句は書くじゃなくて、作るであっているかな?)白川さんは誕生日に97歳になられたそうだ。 ひと目見て、なんて爽やかできれいな俳句だろうと。 97歳でも美しいものに対する感性とか、季節や洋服を身につ […]

続きを読む