肌断食 その後の経過

2014年夏に始めた肌断食。
2015年冬になり、その後の経過をここで一度まとめておきます。

尚、これに関連する記事は、以下の通りです。

肌断食 スキンケア、やめました

断捨離 お化粧編1 そもそものお化粧品との付き合い方

断捨離 お化粧編2 まずは使いきってみる

断捨離 お化粧編3 プチプラコスメ

<私の肌断食>

私の肌断食は、以下の様なことをやっています。

・基礎化粧品(化粧水、乳液、美容液、クリーム)などは一切つけない。ようはスキンケアゼロ。

・洗顔は基本、水洗い。

・前日ファンデーションをつけたまま酔っ払ってねっちゃった場合などは、たまに残っているロゼット洗顔パスタを使います。ただし、これもなくなったら追加購入予定はナシです。このあとは純石けんを使用する予定です。(…が、めったに使わないのでなかなかなくならない)

・ファンデーションはミネラルファンデーションに切り替えました。(現在は、ベアミネラルを使用中)
それまでクリスチャン・ディオールのリキッドファンデーション(美容液入り)というのを使ってみましたが、ものすごく顔が軽くなります。
メーカーの方いわく、つけたまま寝ちゃっても負担はほとんどないとのことです。
個人的にはここのコンシーラが使いやすくて白浮きせず気に入っています。

・化粧下地はナチュラルグラッセのものを使っています。たまたまAmazonで見かけて評判が良かったので、こちらで結構色ムラが補正されます。

・リキッドファンデーションも大きな仕事、気合の入ったプレゼンとか、ここぞというような交渉事などの際には、気分を高揚させるのに使います。月に多い時で2回ぐらいでしょうか。
やっぱりカバー力とかツヤ感とかすごいです。
この時はミルククレンジング使いますが、ダブル洗顔、スキンケアなしで終了です。

<半年後の結果>

基本的に外見はほとんど変りません。

しかし、これってどうなんでしょうか?
ローションパックとか、美容液とか、冬場はクリームとか、それなりに時間とお金と気を使っていたのは、どうやら特に意味はなかったようです(涙)

本人以外には恐らくきづかないと思いますが、微妙に変わったのは…・

・ほうれい線は薄くなりました。これは結構早いうちに結果が出ます。

・色は白くなりました。
日焼け止めが非常に肌に良くないということで、かなりつける分量を減らしたのですが、その結果、肌が白くなるというのは驚きました。
ただし、その結果、地が白くなった分、なんだか既存のシミが目立つようになった気がするのです。これはこれでちょっと…。

・毛穴は小さくなりました。これは結構早いうちにわかるし、はっきりわかります。

ここ2,3年冬場の乾燥には非常に手を焼いていました。
そのため、肌断食も冬はどうかなぁ…と結構危惧していました。

特にひどいのが鼻の下の部分真っ赤になって乾燥してしまって、色々と補正したり保湿したり、ファンデーションを重ねたりしていましたが、どうもすっきりときれいにならず、鏡を見る度にプチストレスでした。

…が、実際に冬になってみますと、特に乾燥がひどくなったということはありませんでした。
むしろ、以前より乾燥しなくなりました。すっかり綺麗に赤くならなくなっということは、相変わらずありませんが、何もしないで以前よりマシになったので、満足しています。

<総括>

肌全体が丈夫になったような気がします。トラブルが減りました。

やっぱり大きいのは、時間とお金の節約、特に化粧品を買いに行かなくてよくなったというのは、時間の節約にすごく役立っています。
もともとそれほど美容熱心ではないので、行くと山ほど化粧品の買い物しちゃうというのはないのですが、せっかくデパートまできたから…とあちこち見て回って結構、それ以外の部分で時間とお金を使っちゃっていました。

化粧品の棚がいつもすっきりしているのも非常に嬉しいです。
それからちょこちょこと出張のある私としては、スキンケア製品を持って歩かなくて良くなったことにとても満足しています。

ということで、冬場も乗り切れそうなので、肌断食はまだまだ継続予定です。

 

 

ナチュラグラッセ メイクアップ クリーム 25mL
ネイチャーズウェイ (2010-09-01)
売り上げランキング: 13
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. NO IMAGE

    2013.10.09

    休耕期間
  2. NO IMAGE
  3. NO IMAGE
  4. NO IMAGE
  5. NO IMAGE
  6. NO IMAGE

コメント

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。