Weekly Reveiw – Week45

三連休からスタートした週。
連休初日は、お天気もよくご近所の公園で昼呑み。
2日目は曇っていたこともあって、仕事の資料作り。
最終日はまたお天気がよくなって、犬を連れて長めの散歩。
家族でゆっくり過ごせた3連休でした。
犬はヒート(生理)期間に入り、しっぽを振るのから何から何まで、全てが面倒そうです。こういうのは生き物共通なのかな…。

<お愉しみ>

今週は全部で3回娘と娘婿の勤務する日本酒のお店へ。
1回目はお仕事関係のつどい。こちらは平均年齢60歳ぐらいの会でとにかく皆さんアクティブ。(私が平均年齢を引き下げました)
お仕事を少ししつつも老後を楽しみ、ヨットだ、スキューバだ、海外旅行だ…というなかなか羨ましくなるようなお話が中心でした。

2回目は母と叔父、それから急遽ポチ(夫)も参加することになった熱燗を楽しむという会でした。

3回目は、ポチの家族との顔合わせ会ということで、ポチのご両親と姉妹の家族というメンバーで貸し切りでお願いして、娘婿に腕をふるっていただきました。お子様ランチは子どもたちに大人気で、パクパクと完食。彼の本気料理は盛り付けも素晴らしいので、皆さんからの評判もよく、ホッとしてまして終了。
お土産に酒粕もいただき、あれこれレシピ検索中です。

丸ビルでにあるREN で仕事用の黒バッグを購入。
全面革というのは、重たいのでここ数年避けていたのですが、こちらのものはとても軽くて気持ちよかったので。
横に長いとモノが取り出しやすく、とても楽で使いやすいです。
考えてみると、バッグを買うこと自体が随分と久しぶりのような気がします。

小学校からの友人と上野でランチ。
中学3年生と5才児の母ということで、忙しさの質と時間帯が全く異なることと、彼女は地元を離れて埼玉にいるので、6年以上ぶりに逢うことができました。
積もる話が多く、女子同士アルアルのやけにお茶の長い会となりました。
それにしても、双方の親がまだ若いときからよく知っているという小さい頃からの友人がいるというのは本当に幸せなことだな・・と思いました。こればっかりは後から作ることができませんから。
いろいろ話していると人生というのは一本調子ではなく、本当に良い時期あり悪い時期ありといろんなことが交互に起こるなぁとしみじみ思いました。

<家事>

ポチがフードプロセッサーが欲しいというので、Facebookであれこれ友人からアドバイスをいただいて購入。
私自身はモノを増やすが苦手なので、かなり渋々の決断でした。
最終的にCuisinartのこちらの製品を購入しました。無骨なデザインがいい感じです。

人気のPanasonic製品も検討したのですが、ポチの希望する機能を求めるとCuisinartより価格が高くなってしまうのと、デザイン的にCuisinartがステキだったのでこちらに決定しました。

衣替えが完全に終わり、ついでにクローゼット(どう見ても元押入れを無理やりクローゼット風にしたもの、使い勝手悪し)全体を掃除して整理整頓。
ポチはわりとモノを捨てない人な上に、大事にメンテナンスするわけでもなく、整理もできない・・という困った人で、まぁ喧嘩しながら何とかやり終えた感じです。

<仕事>

10月からひたすらアウトプットを求められる仕事が続いています。
出したアウトプットが気に入られて、次の依頼がくるというのは本当に有り難いことなのですが、キツイのです。これが。

担当者に刺さるものは、最新の事例や海外の事例を混ぜ込みその分野のプロフェッショナルであることを見せ、一方で上層部にもウケが良くないとならないので、ビジネストレンドや先方のIR資料を読み先方の中長期計画に合わせるといううようなやり方をしていると、Inputにそもそもものすごく時間が掛かるのです。

今は時間があるので、正社員だったときには些末な仕事(しょうもない会議とか、しょうもない会議とか…)があってできなかったことがある程度できるようになったのも嬉しいというのもあってついつい、やっちゃいます。

で、この手のものって一晩寝かせるとすごくいいアイデアが出たり、まとめ方のもっとわかりやすいデザインが浮かんだりしますから、寝かせて翌日またチェックしてというのをやるには、かなり早い時期に手を付ける必要があります。
社員のときは、こういう時間もないのでついついやっつけ仕事、締め切りギリギリというのが多かったので、やっていて楽しいというのもあります。

まぁ、そんなこんなで夜中に突然そういった仕事が気になって起きて作り始めちゃったりする日も多く、早朝に愚痴めいたことをつぶやいたりしています。

本当に有り難いのですが、アウトプットが通ればそこにまた仕事が受注になるので、この忙しいのの終わるのがだんだん見えなくなってきました。
コーチングの新規受付と無料のお試しコーチングはしばらく休もうかなぁと検討しています。

<INPUT>

今週はとにかく軽い小説を読みまくるというものが多く、漫画よりはKindle代も上がりませんが、それでもなかなかな散財です。

「想いを形に変える方法論」★★★☆☆

慶応MCCで佐宗邦威さんの講演を聞いてきました。
「直感と論理をつなぐ思考法 VISION DRIVEN」がとても良かったので、行ってきたのですが、ほとんど本に書かれている内容が多く、本を既に読んでしまった私にはあまり目新しいところはなかったのですが、何点か今抱えている仕事におけるヒントをいただきました。

今日は心のお掃除日和 ★★★☆☆

登場人物のキャラクターがそれぞれに良さがあり、楽しめました。読み終わると家事がしたくなる本です。

弁当屋さんのおもてなし ほかほかごはんと北海鮭かま ★★☆☆☆

人気のシリーズのようです。近くにこんなお弁当屋さんがあるといいなぁ。

神楽坂・悉皆屋ものがたり 着物のお直し、引き受けます。 ★★☆☆☆

着物の話がわんさか出てくるのでは…と、期待値が高すぎたかも。

外資のオキテ ★★★★☆

かなりリアルな外資系企業のかなりリアルな事情が描かれていて、色々と思い出すことも多かったです。ここに出てくるような嫌な体験というのは、私自身かなり味わっています。
一方でこんな良い人たちに巡り会ったことないんですが…という感じ(涙)

外資系オタク秘書 ハセガワノブコの華麗なる日常 ★★★★☆

「外資のオキテ」と同じ著者による小説です。外資系のリアルさはあまり感じませんが、スピード感と個性的な登場人物たちが面白くてシリーズ3冊一気よみしてしまいました。

外資系オタク秘書 ハセガワノブコの仁義なき戦い ★★★★☆

 

外資系秘書ノブコの オタク帝国の逆襲 ★★★★☆

 

蜜蜂と遠雷 ★★★★☆

ベストセラーですから、あまり感想を述べる必要もなさそうです。
この方のベストセラーである「夜のピクニック」はあまり楽しめなかった記憶があり、この本も読まないでいたのですが、音楽がテーマということで読んでみました。見せ場の多い小説だと思いますが、やはり私には一歩置いちゃう作家さんかな・・という気がします。ハマりきれない何かが…。

祝祭と予感 ★★★★★

「蜜蜂と遠雷」のスピンオフ短編集。こちらのほうが私には好みでした。短いほうがこの作家さんとは相性がいいのかも。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. notepad-on-a-desk_
  2. notepad-on-a-desk_
  3. notepad-on-a-desk_
  4. notepad-on-a-desk_
  5. notepad-on-a-desk_
  6. notepad-on-a-desk_

コメント

  1. わんわん

    『アウトプットが気に入られて、次の依頼がくるというのは本当に有り難いことなのですが、キツイのです。これが。』

    これすごくわかる。じゃあいつ終わるのよーって、もうエンドレス感半端ない。

    • yoshikoo

      こちらにコメントいただいてたのですね。失礼しました。
      楽しいんですけど、重なるとキツイんですよねぇ。
      適当なものを出したくないとう半端なプライドがまた…。

HTMLタグはご利用いただけません。