40代以降の婚活は難しいと思う今日このごろ。

先に述べておきますが、バツ2の私がまたもや婚活?という話ではありません。
結婚についてはさすがに食傷気味ですから…。

私の実体験ではなく、友人・知人たちの婚活やコーチングを通じてお話を聴いていて思ったのが、今回のタイトルの「40代以降の婚活は難しい」ということです。

難しいと思う理由には、背負っているものがそれなりに多くて、「勢いがつきにくい」というのがまずあります。
40代ともなると、仕事もそれなりに責任のあるポジションであったり、身内になんとなくこのまま独身でいると思われてしまい、親の老後の面倒をみる人としてなんとなく期待されている感も感じられます。
独身生活も長いため、それなりに生活スタイルも出来上がっているので自分のペースができあがっているというのもあります。

でも、もっとも難しいな・・と私が思うのは、「40代以降は自分の価値感をしっかりもっている」という点です。

若い頃は、「自分はこういうことが人生で一番大事だと思う」とか、「自分はこういう生き方がしたい」と口では言っていても、それは映画、ドラマ、本といったものの受け売りであったり、身近にいる素敵な人からの影響だったりというのが実は大半です。
私はこれを「借りものの価値観」と心の中で呼んでいます。

借りものの価値観というのは、恋人ができたり、新しい職場に飛び込んだりするとあっさり変わることが多いのです。そもそも確固たるものからきているわけでもない価値観や生き方であり、その成り立ちがぼんやりしたものだからです。

ところが、30代になると仕事とプライベートの取捨選択がある程度起こってきます。どちらを優先するか…というのもありますし、仕事なら仕事の中で何を優先するべきか、プライベートならプライベートの中で何を優先するべきか…という選択を迫られることが増えてきます。
体力の衰えを感じることも少しずつですが、出てきます。
もうあまり無茶はきかないなぁ…と感じることも増えます。そうなるとますます自分のやることを絞り込んでいく必要が出てきます。

諦めやら取捨選択を繰り返して、自分の居心地のよいあり方や生き方が身についてくるのが40代のようです。

こうなってくると、受け売りの価値観ではありません。自分が生きてきた人生の中であえて大事にしてきたものや捨てられなかったものが、価値観や生き方となりますから、簡単に手放すことはできませんし、手放す必要があるかといえば、ないのではないかと個人的には思います。
だって、それがその人なわけですから。

生涯未婚率が高くなったとは言っても、20代に比べれば40代の独身者が選べる結婚相手にふさわしいというのは当然に少ないわけです。
小さな市場の中で自分の価値観にあう人を選ぶというのは、これはもう本当に大変なことです。

婚活という言葉の定義が私自身曖昧ですが、ネットや結婚相談所を活用したパートナー探しから、知人・友人たちの紹介まで色々な手段を使って、結婚相手を真剣に探すということではないかと思っています。

婚活の中でたまたま巡り合った人が愛せる人であり、その人のためなら多少なりとも価値観をゆずったり、変えたりすることができるというのはおそらくまれに見る幸運なことなのではないかと思います。

好きな人に巡り逢おうなんて大それたことは考えていない、ずっと一人でいるというのも寂しいしという理由で婚活というのもよく聞く話です。

正直なところ、恋愛から発展して好きだと思う人と結婚してもそう簡単にうまくいかないのが結婚だと私は思っていますから、果たして大して好きでもない人と結婚してうまくいくのだろうか?と私は疑問を感じます。

結婚して同居人がいて寂しさがまぎれますかね?
別の寂しさとすり替わるだけのような気がします。

婚活を口にする人の話を聴いていると、心から結婚したいというよりも、結婚していないことで他人から寂しい人だと思われるのが嫌だな…という程度の人がなんとなく多いような気がします。

でも、そんなことを思う人は間違いなくあなたの人生にとって大切な人ではありませんから放っておいていいように私は思います。
あなたが大切に思う人は、向こうもあなたを大切に思っていますから、そんなふうにあなたのことをきっととらえていないと思うのです。

ピタリと価値観のあう人に出会うなんていうのは、おそらく奇跡といってもいいぐらいの確率なのではないでしょうか。
そして、ピタリと価値感のあう人でなくても、自分の中にある確固とした価値観を多少なりとも譲り合いながらでも、一緒に生きていきたい人に逢うこともかなり難しいことなど思います。

うまくいえないのですが、そう簡単に一生一緒にいたい人なんて出会わないよね・・という前提で、とらえているほうが何となく健全な気がします。

肩の力をぬいて、1人でいることの寂しさにも、1人でいることの静かな楽しさや自由さにも、うーんと向き合って、心から味わうことで、毎日がより充実し、周りの人も大事にできるような気がするのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 2014.11.15

    箱のはなし
  2. NO IMAGE
  3. NO IMAGE
  4. NO IMAGE

    2007.07.03

    折り返し地点
  5. NO IMAGE
  6. NO IMAGE

    2015.06.29

    minutes No.8

コメント

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。