Weekly Review – Week3

12月の半ばより、週のまとめをプライベートブログに書いていましたが、今後のことを考えてこちらのブログに更新先を変更しました。

【誕生日でした】

偶数って苦手なので、なんとなくスッキリしないのですがどうこうできるものでもなく、48歳の誕生日を迎えました。
誕生日祝いということで、同居人にはオフィス近所にあるギャラリー凛でお祝いに食器をプレゼントしてくれるということになりまして、出向いたところ、伊藤千穂 陶展「月下独酌」というのをやっていました。
この日は、作家の伊藤さんも在廊中でした。
これにお刺身入れたら、絶対美味しそう!ということで、四角いお皿を買ってもらいました。
合わせて亀戸にオフィス移転記念ということで、焼酎のお湯割りに良さそうなカップも自分で購入したのですが、いきなり食器棚にしまうときにぶつけて縁を割ってしまい…、ただいま金継ぎの見積もりをかけています‥トホホ…。(多分、もう一つ買ったほうが安いとは思うものの…)

 

View this post on Instagram

 

Yoshiko Ohtakiさん(@ohyoshiko)がシェアした投稿

【コーチングについて】

この週は3名のクライアントさんから、とても嬉しいニュースのメールが届きました。
2名の方は既にコーチングを卒業されて、目標に向かって自走中ですが、その目標に中間地点に到達しましたという嬉しいご報告でした。
卒業された方からもこういうご連絡をいただけるのは本当に嬉しいことです。
もう1名の現在伴走中のクラアントさんからも、驚くようなシンクロニシティがあり、二人で盛り上がっています。
不思議なんですが、目標に集中しだすとシンクロニシティってよく起こります、

先月、無料お試しセッションを対面だけに絞り込んだところ、お申込みが突然増えました。

お試し無料セッションは対面のみ受付中です


手放してみるって大切なんだなぁ‥と改めて実感しました。
一方で週末のご希望の方が多く、大学のスクーリングとの調整が難しいのと、やはり契約のあるクライアントさんが優先になるので、ちょっとご不便をかけている状態でもあり、心苦しい部分もあります。

【大学の進捗】

先週の振り返りで、まるまる一日を空ける日を作るというのをやってみましたが飛び込みの案件が入ってしまい、半日のみとなりました。
相変わらず、どこに時間が掛るのかが読みきれず、ひゃーっと思うことが続いています。今回はモリサワフォントのPC移行に思った以上に時間が取られてしまいました。
とは言え、丸一日を大学の勉強に充てるというのは続けていきたいと思っています。
年度内のスクーリングはあと1回だけで、3月末まではスクーリング外の課題を片付けなくてはならず、ここは完全独学。
逃げ出したくてたまりませんが、逃げ場などなく、頑張ります。

【買い物】

オフィスに全身がうつる鏡が到着。
今年はまた自身のオフィスでの仕事は着物でしたいと思っているので、前進が映る鏡がほしいと思っていたところ、今はまだ外出多くて着物着ていないため、鏡はくるみ(ミニチュアシュナウザー 9ヶ月)が覗き込んでいるだけです。

 

View this post on Instagram

 

Yoshiko Ohtakiさん(@ohyoshiko)がシェアした投稿

転居先のオフィスはダイニングをはさんで、振り分けになっていて、一方が洋室、一方が和室。
久しぶりの畳がお気に入りです(自宅はすべてフローリング)。
せっかくだから・・と、コタツを導入してしまいました。
暮れにお願いして、ようやく今週届き、いやもう快適過ぎて、日本人に生まれてよかったという感じです。
コタツでミカン食べながら仕事しています。いやもう、会社に通って仕事とか本当無理ですね…。

【お仕事】

そろそろ公開セミナーの時期も近づいてきて、協同開催の先生と打ち合わせをして、最終の詰めにはいってきました。
テキストも概ね仕上がってきた感じです。

公開セミナーを開催します(2019年2月)

顧問先の仕事は特に大きな変化もなくという感じです。
ベンチャーの顧問先でかなり重要ポジションの人物が辞めてしまい、人探しも頼まれていますが、ベンチャーはかなり向き不向きがあるので、人が居つくのも難しいケースが多く、なかなか難しいものがあります。

顧問先で役員クラスのコーチングをお願いされることが多いのですが、私は基本的には法人から依頼されたコーチングを引き受けないことにしています。
理由としては、誰のためのコーチングなのかわからなくなってしまうからです。
会社のためのコーチだと、コーチングを装った誘導になってしまいますし、御本人のためのコーチングだとお金を払っているのが会社にもかかわらず、会社の要望と合わない方向に進むことが多いからです。(当然ですが、会社のために死ぬほど働きたいので、コーチングしてください・・というような人はいません)
法人から引き受けたコーチングで困ってしまった事例が、ダラダラと読んでいる「謙虚なコンサルティング ― クライアントにとって「本当の支援」とは何か」に取り上げられていて、まぁやっぱり思ったとおりの話になっていました。
本場アメリカでこれなんだから、画期的な解決法は見つかりそうにない気がするのです、これについては。
ということで、引き続き法人からの依頼は受けないという流れになるわけです。

【体調のはなし】

同居人が出張に出ていて、面倒でテキトーなご飯を食べていたせいなのか(同居人の家事担当は、食事作り、洗い物、犬の世話がメイン)、娘の風邪がうつったのか、はたまた娘と二人で枕を並べて娘の恋バナを聞いていて寝不足になったのか、週の後半に突然体調を崩してしまい、約1日半寝付いてしまい、かなりタスクの進捗に遅れが…。
行きたかった展覧会も足を運べず終了。
軽い風邪だったようで、インフルエンザではなくてよかった・・と喜ぶことにします。
とりあえず、区の子宮がん検診は終了。結果は来月。
ちょっと運動不足な感じ。走るのはどうも足に負担が大きいので、怖くてなかなかできない。
プールが近くなったので、プール再開しようかな〜。犬もだいぶお留守番ができるようになってきたし…。

【今週の読書】

 

菜根譚 (岩波文庫)

謙虚なコンサルティング ― クライアントにとって「本当の支援」とは何か

わかったつもり~読解力がつかない本当の原因~ (光文社新書)

the four GAFA 四騎士が創り変えた世界

美は乱調にあり――伊藤野枝と大杉栄 (岩波現代文庫)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. notepad-on-a-desk_
  2. notepad-on-a-desk_
  3. notepad-on-a-desk_
  4. notepad-on-a-desk_
  5. notepad-on-a-desk_
  6. notepad-on-a-desk_

コメント

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。