貧乏暮らし

犬のお散歩場所で出会う飼い主さんたちは、大体70代前後の方が多く、この方達はみなさん犬を通じて、仲良しなようで、お散歩だけでなく、時にゴルフに行ったり、カラオケに行ったりしているらしい。
男性も女性も中小企業のオーナーだったり、貸しビルをお持ちだったりとお金にゆとりのある方が多い。
気がついたらポチ(夫)はなぜか最若手メンバーとしてこのグループに入っていて、時折ゴルフに誘われたりしている。

2人で散歩をしていたら、「ここがトトちゃん(犬の名前)のお家だよ」と言われて、見てみたら、かなりの豪邸でびっくりした。
下がオフィスで、豪華な造りにしている家というのはそうないこともないが、家としてだけで、これだけ広くて、しかもすごい造りになっている‥というのは、下町界隈だとかなり目立つ。
皆さんご近所なので、大体どのマンションに住んでいるか、持っているビルはどのビルか、何ていうのはお互いに知っているようで、よくこの手の話になるようだ。

今朝の犬の散歩でも、そんな話しになった。
2人になってから、「多分、あのメンバーで一番貧相な家に住んでいるのは俺たちだな…」というのでビックリした。

私に言わせると、あのメンバーじゃなくても、私の友人・知人の間でも多分我が家は一番貧相なはずである。
かろうじて平成に建てられた賃貸物件ではあるが、昭和に建てられたと言っても、まるで違和感がない外観の建物、借りている部屋は40平米もなく、洗面台のボールにはヒビが入っているし、一階のテナントは潰れかかったカラオケスナックと潰れた中華料理屋で窓ガラスが割れていたりするのだ。

そもそもこの年代になると、賃貸物件に暮らす人も少ない。
私の周囲だと、とんでもなくお洒落で都心にある高級な賃貸物件に暮らす人とか、有名金融機関で転勤が多いので賃貸に社宅扱いで暮らす人はいるけれど、我が家のような物件に住む人は思い出せない。

「私達の年齢だったら、私達はかなり貧相なところに住んでいるよ。あのメンバーと比較しなくても、私の周囲でもぶっちぎりにトップだと思うよ」と、指摘する。
(何しろ、ポチの借金は同世代でもかなりトップクラスに近い額だと思う。普通はそんなに借りられないから…)

それを聞いて、「まぁ、でも豪邸に住んだこともあるし、もうそういうのはどうでもいいや」と笑っている。

あのー…。あんたはいいでしょうけど…、自業自得だから‥と、妻が隣で思っているとは、まったく思っていないようだ。

妻に申し訳ない‥とか、奇特な妻に感謝しなくちゃ‥とか、多分欠片も考えたことがないのだろうと思うと本当に笑えてくる。

別に私が、愛情があれば、お金なんてなくったって!というタイプなわけでもない。
カネがない結婚生活というのは、かなり揉める要素が最初からあるというのは、2回も離婚していればよくわかっている。

ただパートナーの稼ぎというのは、あくまでパートナーの稼ぎであって、自分がいくら稼げるかが私の興味の対象なのだと思う。

それと私自身元々の育ちがそれほど良くないので、子供の頃から貧乏に慣れているのだと思う。
キャリアにおける自分の強みはなんですか?という質問があったら、多分、貧乏に強いことじゃないかと思う。
お金がたくさんないと、無理‥という人は、仕事が結構選べないのだ。
ここで年収落としても、やってみたい仕事とか後々絶対力がつく仕事というのが選べない。
これはキャリアアップを考えている場合、結構なハンディになることがある。

私は貧乏はいいのだけれど、貧乏くさいのは苦手だ。
見栄のために中途半端な小洒落たマンションを買ったり借りたり、微妙なパッケージツアーで南の島に行くのとかはどうも好きになれない。
それだったら、昭和感漂うとはいえ、大家さんがとっても親切な今の賃貸でいいし、犬と一緒にブラブラしながら近所を散歩しているほうがずっと楽しい。

ポチがいっとき、贅沢な生活をしてもう十分と思い、貧乏でも自己肯定感が全く下がらないように、私自身も自分がある程度ビジネスの社会で稼げる人なんだ‥とわかったので、暮らしが貧乏でも、知人や友人と比較してもあまり自己肯定感が下がらないのかもしれないし、娘が成人したので、もう自分の貧乏に娘を引きずり込んでしまうというリスクがなくなったのも大きいかもしれない。

二人ともよくわかっているのは、他人から金持ちだと思われていいことって、実はあまりないってこと。

あなたの周りもそうだと思うのだけれど、「ケチ」って呼ばれる人は、大体お金に余裕があるように見える人ではないかしら?
もしもその人が貧乏そうに見えたら、「ケチ」と言われることは多分ない。
お金に余裕があるのに、他人に気前よく振る舞わない人がたいていケチだと言われるのだ。
でも、どうしてお金に余裕がある人が他人に気前よく振る舞わなくてはならないのだろう?その人は普通多額の納税義務を既に果たしているのにね。

(ちなみにポチの名誉のために書いておくと、ポチはサラリーマンとしてはかなり稼いでいるほうだ。2人合わせると、私達はかなり上位のパワーカップルのはず。ただし、ポチの稼ぎは、振り込まれたと同時に借金返済と養育費に回るので、手元に残るのはまぁ家賃7万の物件でも、一人暮らしは厳しいだろうね‥という額になる。

今の生活は、ポチの出せる月々の生活費と同額を私が生活費として出すという形をとって運営している。
今後ポチが、生活費が出せない‥ということになれば、その分は出してあげます。
ただし、借金と養育費に関しては、私はノータッチだから自分で何とかしなさい‥ということになっている)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 2018.11.27

    上善如水
  2. NO IMAGE
  3. NO IMAGE
  4. NO IMAGE

    2013.12.20

    2013年振返り

コメント

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。