無限の可能性と有限の時間

日々のビジネスの現場でも、コーチングの場面でも、よく感じることが、
「人間は無限の可能性に満ちているが、一方で人の持てるの時間は有限である」ということです。

やりたいことを探し続けることは可能ですが、一方でひたすら探し続けている間に時間は(やりたいことをやる時間は・・・)、確実に減っていくのです。

あれこれもできるようになったら、スタートしようと思っている間に、一方であなたの持分の時間は減っていきます。

本当に何かを成し遂げようと思うのなら、少しでも早い一歩を踏み出すこと、持ち時間が多ければ、多少の失敗は、良い経験となり、むしろあなたのやりたい道への到達を成功を加速させます。

10時間悩むことに費やすよりも、たとえ10分でも自分の目標のために実際に動いてみること。

「動きながら考える」「考えながら動く」というコツがつかめると、

もしかして、私って無限の可能性があるのでは?というのが実感できる毎日がやってきます。

必要なのは、ほんのちょっとの勇気です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. NO IMAGE
  2. NO IMAGE
  3. NO IMAGE

    2017.01.18

    minutes No.17
  4. NO IMAGE
  5. NO IMAGE

コメント

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。