タグ: 本

日経新聞との付き合い方

20代で派遣社員として仕事を始めた頃から、日経新聞には長いことお世話になっています。途中、読む暇なくて止めていた時期もありますが、25年間の仕事人生の中で3分の2ぐらいは定期購読していると思います。 新聞購読者は減っているそうですが、それでもまだまだ日経新聞を朝一番に読んでくるビジネスパーソンは多いです。 ビジネス用語やビジネストレンドというのは、ITと同じように流行り廃りが激しく、これらをビジネ […]

続きを読む

旧記事アップデートのお知らせ(2016年9月22日)

このブログでは、最近になって書いたものと旧ブログで書いた記事を元に、内容や文章を見なおしたものがあります。 当ブログでは、記事を執筆時を元に時系列で並べています。 旧記事は公開されても、トップページに表示されることがなく、また「最近の投稿」(トップページ右端)にも表示されません。さらにはRSSで購読していただいていてもどうも表示されないようです。 そのため少し旧記事がまとまるとこのように別途お知ら […]

続きを読む

旧記事アップデートのお知らせ(2016年6月16日)

このブログでは、最近になって書いたものと旧ブログで書いた記事を元に、内容や文章を見なおしたものがあります。 当ブログでは、記事を執筆時を元に時系列で並べているため、旧記事は改めて公開されても、トップページに表示されることがなく、また「最近の投稿」(トップページ右端)にも表示されません。さらにはRSSで購読していただいていてもどうも表示されないようです。 そのため少し旧記事がまとまるとこのように別途 […]

続きを読む

フォトリーディング その4 STEP1 準備

フォトリーディングImage

前置きが長くなりましたが、いよいよフォトリーディングの各ステップについて書いていきます。 [フォトリーディング STEP 1:準備] (1) 読書の目的を明確にします。 (2)理想的な心の状態(集中学習モード)に入ります。   <読書の目的を明確にします> まずは「(1) 読書の目的を明確にします。」ですが、通常この部分はその本を手に入れる書店や図書館などのタイミングで明確になっていると […]

続きを読む

フォトリーディング その3 フォトリーディングは単なる速読法なのか?

フォトリーディングImage

フォトリーディングは速読法と捉えられていますが、私が受講した感想はこれは速読の要素を含んだ理解力をアップするための読み方だと思いました。 フォトリーディングの開発者であるPaul R. Scheeleの著書「PhotoReading」の本の表紙には、”Speed ” ”Comprehension” ”Enjoyment”という3つが挙げられています。 Photoreading 「速く・楽しく・理解 […]

続きを読む

フォトリーディング その2 講座第1日目

フォトリーディングImage

フォトリーディング講座の1日目が始まりました。 事前に3冊の本を用意して来るように、さらにその本は小説や文学作品ではなく、文庫本より大きなサイズでビジネス書のような実用書で300頁程度のもの…ということでしたので、私は積読になっていた「楽しみの社会学」「トクヴィルが見たアメリカ」「統計学が最強の学問である」を持参しました。 楽しみの社会学 トクヴィルが見たアメリカ: 現代デモクラシーの誕生 統計学 […]

続きを読む

フォトリーディング その1 出会い編

フォトリーディングImage

2016年3月 フォトリーディングエグゼクテイブ講座(3日間)を受けてきました。賛否両論あるフォトリーデイングが実際に研修を受けて、私にとってはどうであったかというのをまとめておきます。 1. フォトリーデイングとの出会い 2001年に出版されてすぐの「あなたもいままでの10倍速く本が読める」という本をまずは読みました。 ところが、さっぱり効果が得られず、「こんなの本当にできる人いるのー?」という […]

続きを読む

2015年:読んだ本 ベスト5

books

以下、2015年に読んだ本の私のベスト5です。2015年に出版された本ではないので、そのあたりご注意ください。 どれも素晴らしくて1位から5位という順位はつけられませんでした。順不同ってことで。 「脳を鍛えるには運動しかない!最新科学でわかった脳細胞の増やし方」 ジョンJ.レイティ , エリック・ヘイガーマン (NHK出版) 脳を鍛えるには運動しかない!最新科学でわかった脳細胞の増やし方 今年最も […]

続きを読む

欧米に寝たきり老人はいない – 自分で決める人生最後の医療

気がつくと、友人との居酒屋での定番ネタは、仕事の愚痴、恋愛や結婚から、健康、自炊、そして介護に変わっていた。 最近はどこでも親の老後についての話が多い。(そして、ポツポツと自分たちの老後の話も出始めつつある…) そこに明るい話題はない。お金の話、施設の話、介護認定の話、遠距離介護、兄弟間の揉め事…などなど。 明るい話題がない大きな理由は、介護をされている老親が少しも幸せそうに見えず、それが自分の未 […]

続きを読む

「外食の裏側」を見抜くプロの全スキル、教えます。

昨年から、ぼつぼつと料理をするようになった。 当初はお弁当作りから始まり、その後全面的に料理担当だった夫と別居、離婚となり、真面目に御飯を作るようになった。 3食作るようになると、よくわかるのが調理済み商品というのは非常に高コストだということ。 何しろ、調理してあるのだから、他の用途には使えない。 当初、お弁当作りには冷凍食品の唐揚げなどを入れていたが、よく考えると鶏肉を自分で買って作ったほうが全 […]

続きを読む