逗子日記:二〇二二年七月 土潤溽暑 (つちうるおうてむしあつし)

娘夫婦がたまには2人でデートしたい‥というので、では誕生日プレゼント代わりに孫2人を預かりましょう‥と、私は顧問の仕事のお休みをいただき、夫もあれこれ仕事を調整し、中庭にプール(←新たに購入)をセットして、なぜだかやけに張り切って準備していたけれど、昨晩から上の孫が発熱・嘔吐となり、本日の子守予定はなくなった。

朝4時の散歩の時点から暑いぐらいだったので、今日は午前中に買い物を済ませて、午後はのんびりして、夜は逗子海岸で葉山の花火大会を見物しよう‥と予定を切り替え。

夫はこのところずっと週末で休みらしい休みもないからちょうど良かったかも。
すかなごっそで夏野菜をたっぷり仕入れ。

娘に大根と桃を買ってきて‥と頼まれたが、ここは基本地場で採れる旬のものしかない。
桃はこちらで作らないのか、あまり見かけたことがそもそもなく、今の時期はとにかくスイカ推し。大根はもちろんこの時期なくて、北海道産のものを別途購入。
桃は結局、別のスーパーに立ち寄り購入、あとは頼まれたポカリスエットその他を追加して、娘宅に届けてきた。

自宅に戻って買ってきたもぎり胡瓜に味噌をつけて食べたり、トウモロコシや枝豆を茹でて、昼飲みスタート。
Amazon Prime Videoで「SPY×FAMILY」を観ながら。やっと私の好きなベッキーちゃんも登場。
原作も全部読んでいるけれど、アニメも好き。
前後の音楽といい、随分とお金がかかっているようだ。
本当に最近のアニメの美しさはすごい。

先日、美容院で1980年代の日本もアメリカもどっちの音楽も映画も格好良すぎる‥という話を聞いてきたが(最近、よくこの手の話を若い人から聞くことが多い)、2020年代のアニメも後から、「あの時代はすごかったね…」みたいになるのかな。
漫画も同じような感じになるのかも。

我が家はトイレ以外は全部引き戸で且つ窓も多く、障子と襖を開け放しておくと東西南北から風が入る。
和風の家は日本の夏に合わせて造るものなのかもしれない。
冬は寒いけれど、通気性が良いので湿気の多い日本の夏にはとっても便利。
実際全部開けっ放しでOKだったら、扇風機があれば充分だ。
(オンライン会議は、音の問題で閉めざるえないのでクーラーを稼働させている、あとのクーラーの出番は就寝時、こちらは防犯のため)

あちこちを開け放して、ビール呑んでアニメ見て、たまにそのまま横になって昼寝して‥みたいな今日は、子供の頃の夏休みみたいだ。
プライバシーの保たれる造りではまったくないけれど、今の私たちにはとっても合っている家だと思う。

逗子海岸から葉山の花火大会はとってもきれいに見えて、楽しかった。
23区の花火大会って、花火が上がっている時間だけでなく、その前後の移動も命がけみたいな感じだったものなぁ。
逗子海岸は直接の会場じゃないからなのか、はたまた平日の19時半スタートだからなのか、ご近所からやってきた人ばかりって感じで。

ぎゅうぎゅうではなく、それなりに人はいるけれど、子どもたちが走り回れるぐらい。
こんなに気持ちの良い花火大会は初めてだった。
犬も一緒に楽しめたしね。

この投稿をInstagramで見る

Yoshiko Ohtaki(@ohyoshiko)がシェアした投稿

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 逗子海岸からの富士山

コメント

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。