逗子日記:二〇二三年十一月 地始凍(ちはじめてこおる)

立冬を過ぎた亥の子の日ということで、今日は朝から我が家はこたつ開き。
先週は全国的に記録的な暑さで、「来週こたつ出すのは早すぎるかな?」と夫と話していたが、週末から急に寒くなり、昨日はダウンジャケットを着ている人も見かけるぐらい。
こたつ開きにふさわしい寒さになり、朝からこたつ用意。

この投稿をInstagramで見る

Yoshiko Ohtaki(@ohyoshiko)がシェアした投稿

上記のInstagramの写真は、昨年のもの。
昨年は寒くて、11月の亥の日を待てずに10月末にこたつを出してしまっていた。
今年も居間のこたつの風景は変わらずで、去年は造花だったのだっが今年は万両を活けているぐらいが違いかな。

ガスファンヒーター二台、グラファイトヒーター二台、湯たんぽ、電気毛布、電気ひざ掛け、それから半纏、もこもこスリッパなど防寒グッズがこれで全部出揃った。

とりあえず仕事部屋は湯たんぽ+ひざ掛けに小型のグラファイトヒーターでしのぎたい、エアコンは頭がぼんやりするのであまり使いたくない。
電気ひざ掛けが便利なのだが、くるみ(ミニチュア・シュナウザー5歳)が仕事部屋に来ると、取られてしまうので、私は湯たんぽ+ひざ掛けとなる。
湯たんぽのお湯は冷めると加湿器に利用するのもここ数年冬の定番になりつつある。

寝室は基本的に日中使わないので、夜の電気毛布のみだけれど、まだ普通の毛布に掛ふとんでしばらくは大丈夫そう。

ガスファンヒータは、居間と台所、久しぶりに使うと少し臭いがあったけれど、30分ほどつけていたら臭いも取れた。
換気をしながら使わないとならないのが面倒だけれど、コロナ禍で購入したCO2センサーがあちこちにあり、これが空気の汚れをすぐに知らせてくれるので、うっかりすることも少ない。
とにかく部屋全体が温かくなるのが早いのが有り難い。
お鍋が載せられるのも嬉しい。

グラファイトヒーターは、部屋温めるには弱いけれど、空気をあまり汚さないのが有り難いのと移動させるのが楽ちん。
大きいものは今年も縁側に置くことにした。

こうして書き出すとどの暖房器具も一長一短。
私は冷えで体調を悪くすることが多いので、とにかく冷えないように気をつけるのが冬の課題。
腹巻きもレッグウォーマーも必須だし、朝から生姜紅茶飲んだり、長風呂したり、優雅なんだか、忙しいのか…。

暖房器具を出したついでに、夫にクローゼットを整理してもらう。
Tシャツ類は洗濯し乾かした後、そのままハンガーでクローゼットに掛けておきたいのだが、夫のクローゼットは下段になぜか仕事の書類積み上げられているので、書類を片付けてもらわないと何も掛けられないので、説明して片付けてもらう。

勤務先の組織再編で秘書がいなくなったせいか・・とも思ったが、よく考えると秘書がいたときからそんなだったから、そういう性格なのだと思う。
仕事に関しては記憶力がいいからファイリングとしか工夫しないタイプなのだろう。

片付けついでにいらない衣類も見つけ出し、自身の収納タンスも整理し始めたので、それに合わせてそれぞれにある除湿剤も交換。
逗子に住んでから、除湿にいったいいくら使ったのか・・というぐらい、除湿機購入から除湿剤まで出費が続いている。
海の近くは色々なものが錆びやすいというのは、良く知られているけれど、湿気との闘いというのは案外知らない人が多いようだ。

金曜日から気圧の乱高下と寒暖差で調子を崩してしまい、相手がいる約束や締切以外はすべて休んでいたので、タスクも家事も山のようにたまっていて、本日は一つ一つ山を崩している。

前回の頭痛があまりにひどく、処方してもらっている頭痛薬(カロナール、レルパックス、バファリン)を飲みまくったら胃が痛くなってしまってこれはマズい…と思い、漢方を用意しておいた。
今回は用意しておいた呉茱萸湯(ごしゅとう)を服用したところ、即効性はないものの確実に頭痛も収まっていき、しばらくこれが良さそう。

気象病には五苓散が有名で、長いこと服用していたのだけれど五苓散は大きな気圧変動だと私には全く効果が感じられないため、病院より処方された頭痛薬を飲んでいたのだけれど、その手の鎮痛剤は体を冷やすらしく、私のようにそもそも冷えが強いタイプには合わないと知り、今回漢方を試してみた。
こちらのほうが頭痛が収まったあとの調子がラクな気がする。
ということで、呉茱萸湯を追加購入しておく。

週次レビューで、先週の振り返りと家計簿、今週の作業タスク確認を。
夫が立て続けにオンライン会議なので、夫の持っているレシートは明日以降精算になりそう。

夕方の犬の散歩は地面から冷えているな…という感じ。
今日から散歩はNORTH FACEのスノーブーツに逗子に来てからの冬の定番。温かいだけでなく、海岸の砂が入らないのが有り難く、同じデザインの2足目となる。

夜はこたつで夫が昨日仕込んでおいたおでんに燗酒(天穏の純米吟醸)。
寒いの苦手だけれど、冬だからこその愉しみあるんだな、これが。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 江ノ電

コメント

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。