不協和音の解消方法

まだ梅雨入り宣言が出ておらず暑い日が続いているけれど、今日から徐々にお天気が崩れてくるという予報になっている。
昨日から、低気圧の影響で体調もやや低調。やれやれ。

逗子海岸は、海の家の工事が始まり、まだ6月だけれど週末の暑い日には海水浴やビーチを楽しむ人が多くなってきた。

海の家はまだ土台の工事というところだが、土台の下に海で遊んだ人たちのゴミが突っ込まれるようになってきた。そのままゴミを置いていくのは、良心が咎めるのか、はたまた他人の目が気になるのかわからないけれど、なんとなくゴミを少し隠して置いていきたいということなんだろう。
自転車のカゴにゴミが1つ投げ込まれると、それを見て他の人達もそこにゴミを入れ始め、あっという間にカゴがゴミだらけになるというが、まさにそんな感じで結構なゴミの量。工事の人たちもげんなりするだろうな。

今朝のように海岸のゴミの散乱があまりにひどいときは、散歩ついでにゴミを拾う。
犬の散歩用のリュックにはビーチクリーン用のゴミ袋とゴミを拾うための軍手が常備してある。
そんな程度でビーチがきれいになるわけではないけれど、文句を言うだけでなくて、多少なりとも自分を使うちょっとだけ気分が落ち着く。

ここ数日晴れ間が続いて地面が乾いているだろうこと、今日は曇っていて涼しいこと、明日からお天気が崩れること、そして朝ごはんは昨日のモツ鍋の残りの知るで雑炊にすれば済むこと‥など条件が揃ったので、海岸からそのまま浪子不動ハイキングコースへ出て披露山を登り、公園で濃いめのカルピスを飲んで帰宅する。
これで1万歩越えたので、もうワタクシ的には今日は十分運動しましたという感じ。

冬に比較すると、蜂などの虫が増えてきて多少の歩きづらさは感じたけれど。披露山公園に睡蓮が咲いているのを見つけたのは嬉しかった。

長めの朝のお散歩で、ポチ(夫)との先日からの不協和音も解消。

ポチとは友人としての付き合いは長いけれど、パートナーとしての付き合いがそう長いわけでもないので、喧嘩したときの仲直りパターンがまだ定まっていない。
大人2人で暮らすともめる要素も少ないから、仲直りの経験も少ないのだ。

その分、不協和音が起きたときにこれはどうやって、解消するのかが見えてこないため、ずっと平行線になりかねず‥というのが結構ストレスだった。
私は気が短いというか1つのことで長く悩むというのができないタイプなので、そういうことになると面倒くさいから、少し距離おくか・・・と放置するタイプだし。

とりあえず、この件が朝のうちに解消してとてもスッキリ。当たり前だが、一つ屋根の下で暮らすのだから、仲が良いほうが毎日はずっと楽しい。

ポチは今日は用事があって、東京へおでかけ。
私はここ最近週末をきっちり休むようにしているので、のんびりと。
朝から湯呑を重曹につけて、茶渋取ったり、読みきれなかった1週間前からの新聞をぼちぼち読んだりしている。

新しいアイロン台が届いたから、アイロンがけでもしようかなぁ・。

曇りの天気予報だったけれど、お陽さまが出てきたのでとりあえず、洗濯物ときのこでも干しましょう。

ゆるゆる日曜日。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 2020.07.23

    午後の生産性
  2. 2005.12.17

    温かいお茶
  3. NO IMAGE

コメント

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。