逗子日記 二〇二二年一月 水沢腹堅(さわみずこおりつめる)

夜中にパチっと目が覚めてしまい、そこからどうも眠れず布団から出た。1時半‥って早すぎだ。
引っ越しに関する調べ物を少しする。
・書類溶解サービスの確認
・古くなって電源が入らずデータの消去できないiPhoneの廃棄方法(夫が中古で売れば多少なりともお金になるので取っておいて‥というので取っておいたがやらずじまいなので処分決定)
・外国のお金の寄付の出し方

などなど。

ギリギリのスケジュールで送られてきた仕事の翻訳レビューをする。
翻訳もほぼ直訳ベースで、このままではマーケティングツールとしては使えない。
さらに、そもそも翻訳会社に出した翻訳元の原文ファイルが古いものを渡してしまったのではないだろうか?
今のスケジュールでこれはかなり痛い。

翻訳会社を自社の期待値に合うようにするには、お互いに丁寧にフィードバックを重ねて、長い目で育てなくてはならないのだが、そんな余裕は担当者にないだろうな。

1時間ほど作業をしてまとめる。
早々に送ってしまいたいが、夜中?早朝?の3時にチャットで送るというのも、きっと今どきはハラスメントのようなものだろうと思うので、顧問先の始業時間まで待つことにする。

ワーキングマザーだった頃は、とにかく空いている時間に仕事を片付けて、終わった順にメールを投げていたし、処理していた。その時間に返信がほしいわけではなくて、その時間しか仕事できないので。
メールもチャットも個人的には非同期コミュニケーションだと思うので、対応する・しない、オフラインにする・しないは自分で決めることだと思っているが、最近は顧問先によっては、チャットツールが、リモートワークで本当に仕事しているかどうかの確認ツールになっていて、みんな疲れているようなので、こういう気遣いをせざるえない。

お風呂に入ってKindleで「楡家の人びと」の続きを読む。
この本、多分私が小さい頃に我が家の本棚においてあった記憶がある。Prime Readingに入っていたので、読んでみることにした。

登場人物が個性豊かなので登場人物が多くても印象に残りやすい、今はどの小説も登場人物がなんだか薄っすらしていて、本を読み終わると登場人物の名前が思い出せないことが多くなったような。

多様性だ、ダイバーシティだと言う言葉も随分定着してきたけれど、この時代のほうがよっぱど多様性があるのではないかと感じる。
今や私たちは、自分と似たような環境に育ち、趣味、嗜好、年齢、家族構成などが似た人ばかりに囲まれている気がする。

少し眠気が出てきたので、2時間ほど眠る。
7時過ぎに起きたら朝ごはんができていた。白米、わかめとネギの味噌汁、イワシの丸干、大根のぬか漬け。

午前のZoom打ち合わせの前まで、仕事と家事を25分間隔で交代で。打ち合わせ前にようやく一段落して、アップルティーを淹れる。
今のスピード感で、打ち合わせに出るとメンバーを萎縮させてしまうので、スピード落とさないと。

打ち合わせを終えて、少し引っ越しの諸手続きを片付けてからお昼ごはん。
朝の残りの白米を、冷蔵庫の残り物のフキノトウ味噌と漬物で食べて終了。在宅勤務のランチってこのぐらい適当でいいと思う。

外で働いていたときは、ガッツリと外でランチを食べていたけれど、在宅勤務で外に出ない分運動量が減っている中で、同じように食べたらアウトだろうなぁ。外で仕事をしていたときは、ランチが気分転換も兼ねていたと思うのだが、家が好きなので特に気分転換も必要としない。

くるみとお昼寝。

コーヒーを淹れて、図書館から借りてきた「まとまらない言葉を生きる」を読む。

引っ越しの準備でほとんどの本はダンボールの中、手持ちの本は図書館の本とKindleだけでもやっていけることに気づき、愕然とする。
気づきたくなかった。
人は一度に一冊しか本を読めないのだ。当たり前だけど…。

そろそろ大学の復学手続きをしないと‥と、手続きのサイトに入ってみたら、なんと本日の13時が締め切りになっていた。
もう1年休学か〜ショックだ!…となるが、実際のところ何か困るか?と聞かれれば一つも困ることはなくて、新卒のように卒業して就職活動するわけでないしなぁ‥となる。

とはいえ、一応窓口になんとかなりませんかね?とメールを送る。
米国企業の仕事をしなかったら、絶対こういうのやらなかったと思うのだが、向こうの人達と仕事をすると、とりあえず交渉してみる‥、してみて駄目でも失うものはない‥という思考が身についた。

寒中見舞いを作成が終わり、印刷をしようと昨夜から悪戦苦闘しているのだが、どうにも印刷がうまくいかない。うーむ…。

コーチングのセッションと打ち合わせを終えると18時過ぎ。私にしては稼働時間の長い一日。

夜は常夜鍋に燗酒(冨田の年代物)。
今晩は雪になるかも‥という予報らしい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 2020.07.29

    浮かばない絵

コメント

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。