逗子日記:二〇二四年三月 菜虫化蝶 (なむしちょうとなる)

逗子日記:二〇二三年三月 菜虫化蝶 (なむしちょうとなる)

昨年同時期の逗子日記を読み返すと、以下のようなことを書いていた。

どうせパートをやるなら、ITを使わない仕事がしたいなぁ。スーパーのレジとか…、掃除とか…などと妄想する。
30年以上こんなことしているとさすがに飽きてくる。事務系の仕事じゃなくてカラダを使った仕事がしたいのだが、犬のお世話と家事をしつつ通えそうなところに何かあるかなぁ。

大学の卒業式は明日。
2023年夏以降は、大学の卒業制作にずいぶんと時間を割いていたがこれで終了。

暮れから、春以降の仕事についてあれこれ考えてきたが、ご相談いただく仕事が極端に大きく、期待されるコミットもそれってフルコミットのマネジメントや新規立ち上げに近いのでは?というぐらい負荷の高いものばかりだった。
少し前だったら社員の育成のためのチャレンジに最適な仕事だと思うのだが、売り手市場で転職を常に考えている若い人が増えており、だったら割高でも外注して常にその仕事を続けてくれる人のほうがビジネス全体として安定するという考えもあるようだ。

有り難い話ではあるのだが、興味関心云々よりもまず体力的にかなりハードルが高い。
ここ数年よくわかってきたが、私は多分仕事と家庭の両立なんていうのができないタイプなのだ。
仕事しつつ一人娘がなんとか無事育ち、日々のご飯がきちんと食べられて、虚弱体質なままでもそれなりに健康でいたのは、すべて前の夫のおかげだ。
私はその当時、仕事しかしていないのだ、振り返ってみると。

すでに孫も二人いて、育児とは無縁だが、もともといたIT業界の仕事だとしても、日進月歩のスピードが早すぎて、半年ブランクあるとそれだけでかなりハードルが高い上に、私自身がもともとテクノロジーに興味があるタイプでもないので、頑張って追いつこうという気になれない。

多分リモートワークの影響もかなりある。
組織に属するのは苦手だけれど、人と働くことで影響や刺激を受けるタイプだからこそ、IT業界での勉強も苦にならなかったが、一人で調べて考えて企画や戦略みたいなものを作っていくというのを考えると、まったく楽しそうなイメージがわかない。
ここ半年大学ばかりでテクノロジーに関する話や、業界の噂話から遠ざかっているのもあり、以前以上に興味関心が低下しているのもある。

そんな立ち位置なのに、仕事にフルコミットして家はぐちゃぐちゃ。犬は寂しがるし、間違いなく夫は不機嫌になると思うと、人生の後半にそこに時間を費やす選択はない。

さて、ではどうするかなぁ‥と思ったところに、色々な縁があって、まったく新しいことを始めるにした。
冒頭に書いた昨年の日記にあるカラダを使って、犬のお世話と家事もできる仕事だ。
それにともなって転居することになった。
といっても、自宅から五分ぐらいの場所に移るだけ。
逗子で二回目の転居になる。

今は転居がらみの膨大なタスクで忙殺されている。
大学の卒展もあり、転居のこともあって、ここ数回この逗子日記も書いていなかった…というわけ。

午前中は新しい仕事に関してオンライセミナーであれこれ学ぶ。
デザインを勉強しておいて良かったなと思う内容だった。

なにか具体的なメリットを求めて大学でデザインを勉強したわけではないのだが、結局のところ学んだことや経験したことはこうして回収する機会が回ってくる。

勉強後の直接的なメリットばかり考えると、学びのプロセスが楽しめないし、直接的メリットが何らかの理由で得られなかった場合に、損した気分、時間とお金を無駄にしたになるのじゃないかな。

私にとって学びは、旅行好きの人の旅行に似ているかも。
旅行に興味のない人にとって(私自身そうだったりするが…)、お金・体力・時間使って大変そうだなぁと思うが、やっている本人はその旅する時間や感じること、体験すること、考えることが楽しいのだろう。
大学に通うというと、「えらいですね…」みたいなことをよく言われるが、私からすると旅行に行く人のほうが、「えらいですね…(大変ですね)」となる。

まぁ、そういう学びなので、実際のところプロセスが終わった卒展も卒業式もさらに言えば学位もほとんど興味がなく、先日の京都で実は卒展も出したくなければ断って良かったと知って、早く言ってよそれ…知っていれば自分のリソースを新しい仕事に投入できたのに・・・・と思った次第だ。

お昼からは鎌倉のあちこちをぶらぶらと。
お天気も良くて、お散歩日和でもあるが、観光日和でもあったようで観光客をたくさん見かけた。

それにしても、鎌倉は山ほどお店があって立ち寄りたいところが多い。
逗子に暮らして、鎌倉を散歩するは楽しいかも(逆はあまり楽しめないな、私の場合)

夕方は、いただきもののいちご煮の缶詰を使って夫がご飯を炊いてくれた。薄味で出汁がきいていて、とても美味しかった。
夜におコメを食べるのは、我が家では週一回の休肝日の日ぐらい。

明日からの京都の支度。日曜日まで暖かくて月曜日が寒いという気候に何を持っていくかをしばし悩む。
紙の本も持っていくか悩み中。
重たさを考えると、iPadだけでも良いのだけれど、やっぱり何かしら詰めちゃうだろうなぁ。(そうしないとまた何か買っちゃうしな…)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 2020.09.26

    手作りと大学

コメント

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。