逗子日記:二〇二三年三月 桜始開 (さくらはじめてひらく)

5時起床。
昨日に引き続き、今日も肌寒いお天気。
衣替えだ、コタツを片付けよう、と騒ぐ夫を無視しておいてよかった。
こういう時、紙の5年連用日記は便利で、ちゃんと昨年のこの時期の寒さがひと目でわかる。

夫は宿泊場所が手配できなかったということで今日は在宅で仕事をすることになった。

Doit.im を開いてタスクのチェック。27個のタスクなど終わるわけないので、現実的な数まで減らしていく。

20個まで減らしてもこの他に家事もあるわけだから、20個全部手がつけられることもない。

頭痛ーるによれば今日は爆弾低気圧になるらしい。
とはいえ、一昨日、昨日の気圧変動でだいぶ慣れたようで今朝の調子はさほど悪くない。
私の場合は、寒暖差+気圧の上昇が鬼門。
今日は気温は昨日とあまり差がなく、気圧は下降気味なので、そう問題はなさそう。どちらかというと、月曜日のほうが動けなそうなのでここは貯金(タスクの片付け)をしておきたいところだ。

などと、思案しているところに、夫から一緒に朝の犬の散歩に行こうとの声掛けがきて、ややムッとする。
誰のおかげで忙しいと思ってるんだ−!となる。
そんなことは言わないけれど、「忙しいので私は行かないのでよろしくね」と引きつった笑顔で返す。

昨晩も22時過ぎに帰るから、御飯は別々にという話だったのだが、突然18時過ぎに帰ると言い出し、予定が丸くずれ。
晩ごはんを食べながら、今週の打ち合わせのために見ておかなきゃならないオンラインセミナーの録画を消化しようと思っていたのだが…。晩ごはんの用意をする羽目になってしまい、もちろん食事をしながら録画など見られなくなった。

「忙しい、忙しい」と云いながら、図書館で予約で回ってきた「信仰の現代中国:心のよりどころを求める人びとの暮らし」という本を読み始めてしまう。
2段組で400ページ以上あるので、早く読み始めないと読み終えられないという焦りもあった。

このところよく考えているテーマに近く、のっけから猛烈に惹きつけられ、これは買ってしまいそう。とはいえ、とりあえず図書館の期限内で読めるところまで読んでしまおう。
一読できれば、装丁にはさほど惹かれないので、電子書籍でも良いはず。

朝食は夫の作った味噌ラーメン。
朝の散歩に行き、犬に朝ごはんを与え、夫婦2人分の朝ごはん作って洗い物してくれるので大変助かる。
(不在時にはこれが全部私の仕事になるので、途端に忙しくなるのだ、これだけで2時間取られるから)

その間に私は家計簿をつけて、週次レビューを進め、大学の課題に必要なモックアップを作る。
3月もそろそろ終わりだが、私が家事の大半を請け負うと家計に掛かるお金が激減することが発覚。
まぁ、予想はしていたけれど。
3月はまだまだ仕事が多くいのだが、それでも家事の負荷は夫と私で、5:5だったものが、3:7ぐらいに変わってきていて、これで10万削減できるって結構スゴい。
二人ともバタバタ働いていると、ストレス溜まって金遣いが荒くなるってことだな、我が家の場合。

お風呂でぼんやりお湯につかっていると、雨の音がはげしくなってきた。三分咲きになった我が家の桜も少し散ってしまうのかな。

二人とも昼過ぎまでコタツと仕事部屋に分かれて仕事して、ようやく手が空いたので、昼食とお酒の買い出しに外出。
夫が家でお酒を飲まなくなったので(所々の反省の態度を表明するため)、酒代も激減したがさすがに今日のような寒さだと、燗酒呑みたいわ‥という話になり、久しぶりに追浜の酒屋さんまで。

昼食に予定していたとんかつ屋さんは時間が遅くなってしまい諦めることになり、なぜか途中の吉野家へ。
逗子には吉野家がないので、何年かぶり。
チーズ牛丼のお新香セットを頼み、山ほど紅生姜をかけてジャンクな味を楽しむ。
化学調味料の香りたっぷりな味噌汁。
ウマすぎる。毎日カラダに良い食事なんてしていると、なんだかカラダに悪そうな気すらする。
夫は腹を満たすだけなら、もっと他にあるな‥とぶつぶつ言っていたけれど、私は堪能。
そもそも私はジャンクフードが大好きなのだ。

酒屋さんの帰り道は、あちこちの道が桜が満開。桜のアーチを通り抜ける雨のドライブになった。

帰宅後、気圧変動の頭痛がひどくて昼寝をしてしまったら、2時間も寝てしまった。
このところ、昼寝もほとんどしていないし、何より今日は日曜日なんだから…と自分に言い訳。

ジャンクフード食べて、たっぷり寝たらなんだか妙に機嫌が良くなった。
我ながら安上がりで単純だな‥と笑いが出る。

昨年同時期:2022年の桜始開 (さくらはじめてひらく)

逗子日記:二〇二二年三月 桜始開 (さくらはじめてひらく)

腱板断裂の手術を受けた夫が退院してきて、今度は原因不明の熱と痛みで大変だった時期。そういえば、このときはまだ庭の桜は咲いていませんでした。
今年は三分咲きぐらい。
この後、大船の大きな病院に入院し菌の培養で、黄色ブドウ球菌が原因だったとわかるのですが、この時点では全く不明の状態でした。

逗子の市議会議員選挙もこの時期だったようですね。
今度は4月の上旬に神奈川県知事選が行われ、私にとっては初の神奈川での知事選ですが、都知事選との盛り上がりの違いに驚いています。というか、横浜市長選挙よりも候補者も地味すぎて、どうしてそうなるんだ?と不思議に思っています。
長年神奈川県に暮らしている人には、そんなもんでしょう…なのかな。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 2021.03.29

    旅と冒険
  2. シンガポールとスペインのお土産
  3. diary

    2022.12.11

    辞書の愉しみ

コメント

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。