minutes No.23

新型コロナウィルスの影響で、コーチングセッションも顧問先での打ち合わせも自宅からオンラインで行うということが増えてきました。

自宅での仕事時間が今まで以上に増えて、活躍しているのが湯たんぽとひざ掛け。

湯たんぽとひざ掛けのイメージ

座って作業するのって、時間が経つにつれて足が冷えてきます。
外は気温が20度近くある日でも自宅だと、その暖かさはあまり関係なくて‥。

レッグウォーマー、もこもこの足首まるであるスリッパ(?)にプラスして湯たんぽとひざ掛けを使っています。

湯たんぽは、随分と以前に娘から誕生日でもらった無印良品のもの。
もらった当時のカバーはボロボロになってしまったので、買い替えました。
(こういう買い替えができるのが、無印良品の良さですね)

使っているアクアスキュータムのひざ掛けは、20代の頃にとある派遣先の仕事が終わったときに、送別の品にいただいたものです。

もっと温かくてそして温かさの持続する電気ひざ掛けも気になるのですが、このひざ掛けは長年私とともにいろんなオフィスで働いてきた相棒でもあり、なかな手放す気にならないのです。

湯たんぽのお湯が冷めてくるのを取り替えるのもまた作業を中断して、休憩する良いアラームになっている気がします。
結局、しばらくこのままになりそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. NO IMAGE
  2. NO IMAGE
  3. NO IMAGE
  4. NO IMAGE

コメント

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。