逗子日記:二〇二三年九月 雷乃収声 (かみなりすなわちこえをおさむ)

昨日から急に涼しくなり、夜は寝室の窓を少し開けただけで寝ることができて、これでやっとエアコンと手が切れそうだ。
寝室の温度は快適だったのだけれど、日中カフェインを取りすぎたのか、友人と食べた昼食のランチが多かったのか、何度も目が覚めて浅い眠りだった。

4時に目覚ましがなるが、涼しくなればそう早く散歩に行く必要もない。
今日の日の出時間が5:31なので、目覚ましを5:20にセットし直す。
大体の場合は、目覚ましが鳴る前に目が覚めるし、目覚ましをかけなくても遅くとも6時には目が覚めて特に問題はないのだけれど、二度寝で時折長時間眠り込んでしまい、そのおかげで一日ぼーっとしてしまうことがあるので、その対策。

くるみ(ミニチュアシュナウザー5歳)はヒート(生理)期間に入って食欲が落ちている。
これまでヒートで食欲で落ちるというのはなかったので、随分と慌てたけれど、ネットで調べてみるとよくあることらしい。
昨晩もほとんど食べていないので、今日はささみの茹で汁とささみを細かくしたものをドッグフードにかけて、ふやかして食べさせると一応完食してくれた。

雨がやんでいる時間を狙って散歩に出る。
先日の三連休あたりでやっと逗子海岸の海の家の資材も片付き、浜辺もスッキリした。
ここ数日風が強かったので色々なものが波打ち際に打ち上がっている。
海の家も終わったので、夫と一緒にくるときはまたゴミ袋と軍手を持って、ビーチクリーンを再開しよう。

昨夜はシャインマスカットを肴に、米焼酎(鳥飼)の水割りにヘベスを入れた晩酌で終了したせいか、今朝はお腹が空いて仕方がない。

買っておいたシナモンのレーズンパン、クノールのカップスープ、作り置きのゆで卵で簡単な朝ごはん。
ここ最近ゆで卵とトマトは、小腹が空いた時のためのおやつとして、常に我が家には用意してある。何かと便利。

シーツの交換をして、溜まっていたクズ野菜をベジブロスにして、洗濯物を畳んでと家事をやっているとあっという間に10時になり、仕事を始める。
今日は調べ物が多い仕事ばかりになりそうだ。

大学の卒業制作の1つでWordpress(以下、WP)のサイトを立ち上げる必要があり、あれこれ考えた結果、今回は有料テーマを使って作業時間を短縮することにする。
WPのデザインに手を出すと、ハマってしまい肝心のコンテンツが疎かになるので、コンテンツが8割ぐらいできて、余裕があったらデザインに手を入れることにする。

夫の出張中は、基本的に買い物に出ないで冷蔵庫整理をかねて、残り物を片付ける。
お昼は玄米チャーハン(しらす、人参ぬか漬け、しそわかめふりかけ)。
夜良く眠れなかったこともあり、眠くなってきたので30分ほど昼寝。

起きてみると、なんだか面倒くさそうな香りのする仕事のメールがきていた。とりあえずコーヒーを飲んでから取り掛かろう。
ガリガリコーヒー豆を削る。
友人は、手動で豆を削るのが面倒で電動にしたと話していたが、私は飲んでも1日1杯だし、それすら飲まない日も多いので、電動になる日はなさそうだ。

コーヒーを飲みながら、図書館で借りてきた卒業制作の参考図書「本屋、ひらく」を読み始める。

冒頭に、何度も読み返している「語るに足る、ささやかな人生 ~アメリカの小さな町で」が取り上げあられていて、おー、この本は「買い」だ…となる。
図書館で本を借りて読んでから、気に入れば本を買うという流れは、本の読み手として一般的なのかそうでないのかよくわからないが、すっかりそういう流れになっている。(そして購入率はかなり高い)

儲からないと言われている町の本屋を新たに始めようとする人が、この本が好きというのは、すごく納得。
この本を読み返す度に、私だって、最初のアメリカ体験がスモールタウンだったら、きっとアメリカがもっと好きになっただろうと思うのだ。
最初の米国体験が、ある意味対極の位置にあるシリコンバレーだったのがよくなかったのかも。
私のなかのアメリカは、とにかく忙しくて騒々しくてスピードが速いイメージになってしまっているが、この本に登場するとスモールタウンはちょっと違う。

コーヒーを飲んで、面倒なメールを片付けて、くるみと散歩。
16時には仕事を切り上げるというのを習慣化しようと試み中。
16時以降まで仕事をすると、次の日に疲れが残ってしまうというのがだんだん見えてきたから。

図書館に本を返しがてら、くるみの大好きな京急の電車を眺めてくる。踏切の音と京急の赤という組み合わせが、彼女は大好きだ。
私にはどうして、横須賀線と踏切の組み合わせがそれに劣るのかよくわからないけれど。

途中の雨で、予定していた草むしりもできず、週次レビューも半端だが、今日はここまで。

ゆるーっとしていたところに、出張から夫が帰宅。
自分用に買ってきたお惣菜を食べハイボールを飲みながら、出張中のしょうもないエピソードをあれこれ話してくれるのを生姜紅茶を飲みながら聞く。

きっとこの時間に紅茶を飲むとまた眠れないなぁと、飲み終わってから気がついた。

昨年同時期

逗子日記:二〇二二年九月 雷乃収声 (かみなりすなわちこえをおさむ)

どうやらこの時期は体調を崩しやすいようだ。
季節の変わり目というのも一因だろう。

先日調子を崩したときに、寝ながら電子書籍をあれこれ買ってしまうなら、Kindle Unlimitedのほうが安くつくだろうと、入ってしまって、ちこれで良いのかと考えていたが、上記の記事を読んで、10巻超える連載漫画買ってるなら、Unlimitedのほうが安いわ…。正解だったかも。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 2021.03.29

    旅と冒険

コメント

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。