逗子日記:二〇二四年六月 螳螂生 (かまきりしょうず)

4時過ぎ起床。
寝室の一部だけ雨戸を閉めず、自然光が入るようにしているため障子が明るくなってくると自然に目が覚める。
日照時間と自然な睡眠というのは上手く連動している。
若い頃は、目覚ましをセットし早朝から仕事を片付けてるようにしていたが、今は自然な睡眠時間にしているので冬場は6時ぐらいまで眠れるようになった。
思いついたことや仕事をできるだけ片付けよう(もしくは準備しよう)などと考えたら時間なんていくらあっても足らない。
年を重ねると、「諦め」の重要さってよくわかる。

暑くも寒くもなさそうだし、夫も今日は家で仕事をするというので、足を伸ばして葉山まで散歩。
途中、飼い主さんから離れて道路を疾走してしまった犬を見かけたり(その後、無事つかまりました)、真名瀬海岸でボール投げをしてくるみ(ミニチュア・シュナウザー 6歳)を遊ばせたり、森戸神社をお参りして2時間ほど遊ぶ。

この投稿をInstagramで見る

Yoshiko Ohtaki(@ohyoshiko)がシェアした投稿

自宅に戻って、コーヒーを淹れて、卓上コンロに鉄のフライパンをのせ、そこにバターを溶かしてそのうえでバゲットを焼くという、最近お気に入りのパンの食べ方で朝食を済ませる。
今日はご近所の方からいただいた、長野土産のりんごバターを試してみる。
バターにりんごというよりも、ジャムにりんごが入った感じかな。
さっぱりしているけれどほんのり甘い。
バゲットよりも、普通にトーストのほうが美味しそう。

インプラントのためのCTを撮りにに歯医者へ。
一番土台のインプラントは終わっているのだけれど、その後の骨形成がうまくいかず二次手術が行えていない状況。
今日の確認で多分大丈夫ということになって、再来週に二次手術の予約をしてきた。

ベランダで洗濯物を干しながら、色づいてきた杏を眺める。
落ちてしまって、放置すると絶対虫が出るので、高いところの果実が採れる道具をAmazonに発注。
庭関係の道具がどんどん増える。
洗濯物を干して、仕事部屋の掃除したらあっという間にお昼だ。
お昼は玄米ご飯に卵をかけて、TKGというやつ。(略す必要ある?っていつも思う)

少し時間が経ってしまったが、週次レビューを。
このときまとめて、一週間の家計簿をつけているのだけれど、今回はなんだか随分と量がある。

あっという間に待ち合わせの時間になり、外出。
ちょうど夫とくるみが散歩から帰ってきて、一緒にお店まで歩こうというので、くるみはまた散歩。
今日のくるみはいつもの倍以上散歩している。

夜は亀戸に暮らしていた頃、通っていたお店の店主が鎌倉に小旅行がてら逗子まで遊びにきてくれてざくろで焼酎。
お互いの近況報告から、その後の亀戸の酒場事情など。
2軒目は、そのまま階段をあがって凜堂にて、お茶ベースのお酒をいただき本日は終了。

なんだか盛りだくさんの一日だった気がする。
私にしては・・・・。

昨年同時期

逗子日記:二〇二三年六月 螳螂生 (かまきりしょうず)

昨年も同じ時期に葉山に散歩に出ていたようだ。
森戸神社の御札を買いたいな…と以前から思っているのだけれど、散歩に出る時間が早すぎていつも購入できていないなぁ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. シンガポールとスペインのお土産

コメント

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。