逗子日記:二〇二三年一月 芹乃栄 (せりすなわちさかう)

5時起床。
さすが寒の入り、今朝はまた一段寒くなっているようだ。
今日の天気予報は晴れのち曇り、最高気温10℃、最低気温2℃。

起きるなり、ガスストーブを点火しその上に薬缶をかけ、NHKのラジオをつけるというのが朝の定番になってきた。

年末に氏神様で、御札をいただいてきたので神棚に置き、ネットの記事を参考になんとなく酒、水、米、塩などをおいている。榊については検討中。
毎朝、挨拶をするのも習慣化しつつある。

冷凍庫をあけると、溜めておいた野菜の切れっ端が一袋分になったので、ベジブロスを作ることにする。

夫は朝から忙しく、朝ごはんを食べる時間がないというので、台所に立ったついでに残り野菜(キャベツ、人参、ジャガイモ、玉ねぎ)のコンソメベースのスープを作り、スープジャーで持たせることにする。
スープジャーというのは、温かいものが食べられるという発想は良いのだけれど、とにかく嵩張る。こういうとき、車通勤というのは荷物が多くても支障がなく便利。ひょっとして車通勤者のためのアイテムなのか?

6時半になり、台所でラジオ体操。
体重も体脂肪率も大して変わらないのだけれど、心身の健やかさを保つために運動量はもうちょっと増やしたいところ。
年末教えてもらった市内の公共ジムかプールに行ってみたいが、今のように厚着の時期って、着替えを考えるとちょっとハードルが高い。

散歩から犬と夫が帰宅。
夫が布団の片づけとシャワーを浴びている間に、犬にご飯をやって、洗濯機をかけ、居間と内縁(縁側)の掃除。モノが多いわけではないのだけれど、ハタキ→箒→座布団やこたつ布団へのコロコロ→ウェットシートでフローリング部分や床の間を拭く→座布団干すなどしているとあっという間。

朝の時間は頭も動くし気力・体力もあるのでアウトプット系の仕事をしたいけれど、夫が出かけるときは出かけるまでバタバタするし、あれこれ声を掛けられるので、ここは諦めて家事の時間にしている。

夫を送り出して、朝ご飯。
作っておいたコンソメスープ、ご飯は冷凍しておいた白米を解凍し、納豆と作っておいた大根の葉っぱのふりかけでいただく。一人のごはんはいつも残り物の消化試合みたいな感じだけれど、十分美味しい。
5時半から起きて、ようやく腰をおろすことができたのが8時半。
子育て中のお母さんならもっと時間がないだろうな。

9時を過ぎるとあちこちの顧問先のChatの通知がPCに届き始める。基本的にはメンションされたものしか対応しないが(物理的にできないとも云う)、時々Chatのタイムラインを眺めているだけでも、仕事のできるメンバー、できないメンバーというのは如実にわかるものだ。Mail以上に時間の使い方が見えるからかもしれない。

今年は、夫が極端に忙しいので家のことになりそうなので、ミッション・ステートメントを見直す。
こまでのミッション・ステートメントは、私個人についてのものが多かった。それ以前はもっぱら仕事が中心。
マインドマップにあれこれ書き出すのに、11月から書き溜めていたモーニングページがとても役に立つ。
5行日記や手帳はその日に起きたことを書いているけれど、モーニングページは朝思いついたことが中心で、自分の気持ちの動きが書いてあるので、繰り返し出てくる言葉とかが今の関心事だとわかるし、気持ちの浮き沈みもはっきり見えて面白い。こういうのはブログやSNSには書けないものだな・・としみじみ思う。手書きというのもまた、キーボードというのと違うものを引き出してくれるツールになっているようだ。

お昼は高菜パスタ。
食後は楠木建氏の「絶対悲観主義」を爆笑しながら読む。
この本ジャンルはやっぱりビジネス書になるのだろうか。
ある種の自己啓発本だと思うのだが…、成功本ではないところが、またスゴい。

犬の散歩。ご近所の人と挨拶するたびに、「今年も宜しくおねがいします。今日は寒いですね」という話になる。
途中で図書館に本の返却。
ついでに直売所で野菜を買おうと思ったら、明日まで正月休み。
犬OKのお魚屋さんもまだお休みで、いきなり晩ごはん作りが暗礁に乗り上げた。
犬を連れて帰ってから、スーパー行くか、それとも外食にしちゃうかと思っていたところに、夫から早く終わったので晩ごはん作れますメッセージがきて、一件落着。

晩御飯を作らないで済むとなれば、洗濯物畳んで、アイロンがけまで行けるかも。
長襦袢に半襟を縫いつけるところまでいけるとだいぶラクなのだが。
まだレビューしなきゃならない提案書が数本きている。
連休前に送りたいんだろうなぁ…と察するので、今日中に見て今日中に赤入れして返すのは止めておいてあげようと考える自分に、私もすっかり丸くなったもんだ・・などと思う。
丸くなったというよりも、若い頃は手元にボールがきたら、即座に打ち返せと徹底的に叩き込まれていたからなぁ…。

2021年の同時期は、今の家の引っ越し準備に入ったところだったようだ。
雪が降っていたようだけれど、今年は少なくともしばらく雪の予定はなさそう。

逗子日記 二〇二二年一月 芹乃栄 (せりのすなわちさかう)

そうそう2022年もまた引っ越しをしたので、今年の確定申告がややこしそう。
夫の確定申告は毎年税理士さんに頼んでいたようだが、内容を見ると誰でもできそうな内容だったので、今年から私がやって数万円節約しようと思っていたが、2022年は夫の入院で医療控除がかなりの額あって面倒なので、税理士さんに今年はお願いすることにした。

今年の4冊目の読了本は、正直不動産の続き。

夕方から急に自分の動きがスローになってきたぞ・・と思って、頭痛ーるのアプリを開くと、案の定気圧の動きが激しくなっている様子。明日はさらに激しくなりそれが一日中続くらしい、寒さ+気圧の乱高下というのが一番私の苦手なパターンなので、のんびりするしかなさそうだ。
夫も仕事で留守だし、ありえないぐらいダラダラしよーと、ぼんやり考える。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 2020.07.28

    読書と鉛筆

コメント

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。