逗子日記:二〇二三年一月 水沢腹堅(さわみずこおりつめる)

四時起床。
目が覚めてすぐに水道の栓を開けておかなかったことを思い出し、慌てて水が出るかを確認。
問題なく水が出てホッとする。
全国的に最強寒波がきているということで、ここ数日寒さ対策のニュースがたくさん流れてくる。昨日は夫に庭の水道管が凍結しないように防寒対策をしてもらった。

今朝の寒さだと白湯だと物足りない気がしたので、日本茶を淹れて、そこに梅干しを一つ。それから沸かしたお湯を湯たんぽに入れる。

あちこちの暖房器具をつけて家の中全体を温める。
平屋であちこちが引き戸になっている昔ながらの造りのこの家、こうしてみると冷暖房効率が悪くないのかも。
各部屋に扉がついていたら、廊下を温めるのは難しいだろうし、その部屋ごとに暖房をつけていかないとならない。逆にいえば、その部屋だけで済むとも言えるのだけれど、家族で暮らすとなると家全体を温めたほうがヒートショックなども起こりにくいのではないだろうか。

夏は窓を開けておけば、風も全体に通るので昨年の夏は寝るとき以外のエアコンはつけずに済んだ。そもそも日本の家って、湿気とカビの対策に重点を置いて設計していたのかもしれないなどと、家の造りについてつらつら考える。

こういう構造の家は個人のプライバシーはなくなるが、個人のプライバシーを重視するとコストは何かと増大するんだよなぁ。
そういえば内田樹先生は、お金のない若者こそ結婚したほうが良いと何かに書いていたが二人なら経済面も何かと助け合えると考えればそうなんだろうな。

朝は夫が作ったジェノベーゼソースと全粒粉パスタ。ジェノベーゼソースは、大根の葉、蕪の葉、セロリの葉と松の実の代わりにナッツが入っている。(松の実はあまりに高いと夫が買ってこない)

くるみ(ミニチュア・シュナウザー4歳)はトリミングサロンのお迎えがきて、昼まで留守。
気温は低いが、お天気は良いので縁側と今の掃除をして、座布団を全部干す。

気持ちよく家事をしているところに、夫が突然、今日は所要を片付けるのに泊まってきていいか・・と言い出す。
とても困るわけではないのだが、突然のスケジュール変更を持ち出されると、私の仕事と家事の計画が全部潰れるというのがどうにも理解できないようだ。
さらに、私はその手の直前の予定変更がとても苦手でどうにもイライラしてしまう。

「泊まってきていただいても構いませんが、そういうことだから、全く私は予定がたてられないし、重たい仕事は引き受けられないんですよ…」と、やや怒りを含んだ口調で伝えると、じゃぁ次の出張のときにもう一泊追加していいかと言うので、「予め言っていただければ、何泊でもどうぞ」と返しておく。
ややムッとしてお風呂場に逃げていった。

そもそも昨晩も新しい案件がきていてそれについて話し合ったところ、かなり地方出張の多い営業同行の仕事なので無理だろうと私は思っているのだが、夫は平日なら大丈夫だろう・・と軽く考えていて、収入が増える分には良いのでは?となる。
とにかくこの人はすべて頭で考えたとおりにうまくいくと思っている人なので、すべての物事に、バックアッププランとかバッファがないのである。

私が出張中に私の分の家事をしておいてくれることなど考えていないだろうし、先日は一泊二日で友人と温泉に行っただけで、少し前から「ああ、くるみ(犬)と二人きりだと何もする気しないなぁ・・」とうるさく、挙げ句ご近所の散歩仲間に「妻が留守で・・」と聞かれもしないのに言って歩いているぐらいなので、基本的に私が家にいないのは、相当イヤなのだ。
自覚がないところが、またどうにも腹立たしい。

確定申告作業で現金で支払った経費を領収書を整理しながら1年分登録。
医療費は別に分けて、夫のほうの税理士にお願いするのだが、昨年は夫も私もやけに病院に行くことが多く、うんざりするほど領収書が出てくる。

外に出たくない寒さだが、あいにくと美容院の予約を入れてしまっているので、そんなわけにもいかず。
iPad持参で美容院に行き、合間に佐藤優氏のKindleで「獄中記」を読む。

KindleUnlimitedに入っているのを見つけて再読している。
出版されてすぐに一度読んでいるが、今読み返すと、鈴木宗男事件の後、外務省と政治の関係はどう変わってきているのか、小泉政権の後、何が良い意味でも悪い意味でも続き、何が変化したのか、現在のウクライナへのロシア侵攻を考える上でも繋がってくるロシアという国の抱えてきた問題など、時間が経ったことで読み手として理解しやすくなっており、初読とはちがった面白さがある。
そして著者の拘置所での独学ぶりを読んでいるととても勉強したくなるというオマケもついている。

夜は、Amazon Prime Videoで、「結婚するって、本当ですか」の続きを観ながら、グッチ裕三さんのレシピでピリ辛ギョーザ鍋
夫が自発的禁酒中のため、お付き合いでアルコールなし。

どうやら読書会の予約が全部埋まったようで、チケットを追加しますか?という連絡がPeatixが届いている。

受付中:サードプレイス #20 課題本「WHOLE BRAIN(ホール・ブレイン) 心が軽くなる「脳」の動かし方 」

これだけ事前に満席になるって初めてのような気がする。
とはいえ、事前に埋まる率が高いほどキャンセルも出やすいので、当日満席かどうかはまた別だったりするのだ、オンライン無料イベントあるあるだ。

昨年同時期の日記を読み返すと、やっぱり寒そう。

逗子日記 二〇二二年一月 水沢腹堅(さわみずこおりつめる)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 2023.11.02

    形見分け

コメント

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。