逗子日記:二〇二四年六月 菖蒲華 (あやめはなさく)

庭仕事から始まる朝。
長靴、長袖はもちろん、さらに顔にネットをかぶるようになった。
少し前に頬骨の上の方を虫にさされ、肌が引きつれたようになり、それに懲りて帽子とネットがセットになっているものを使うようになった。
これで首に手ぬぐいをまけばテレビのインタビューに出てくる完璧な農家のおばちゃんスタイルだ。
長靴がHUNTERなのが、昔はちょっとはお洒落な人だったのよ…感を残している。

先日、鎌倉で購入してきた花籠に庭の花をいれてみる。
思っていた通り、我が家によく合う。
お花屋さんで買ってきた花ではなく、野に咲く花は自然素材のものと合うのかも。

センスがあれば、アンティークのガラスなどに挿すのも素敵だけれど…。

この投稿をInstagramで見る

Yoshiko Ohtaki(@ohyoshiko)がシェアした投稿

鎌倉の長谷にある石原さんで購入した花籠は竹でできていてとても軽い。
小さな剣山を使えばもっと形になりくいものも立たせることができると教えていただき、そちらも試してみたい。

今は気候変動の影響で、なかなか良い竹が入手しにくくなっているらしい、花籠も新しく出てくるものは2〜3割ぐらい値上がりしそうだと仰っていたが、さもありなん。
どこもかしこも値段が上がる話ばかり。

朝食はバゲット、サラダ、カップスープと久しぶりに洋食。
庭で採れた杏で作ったジャムは、もう少し砂糖が多くても良かったかも。
実の半分以上は砂糖を入れたが、それでもまだ酸味が強いかな。
紅茶に淹れるにはこれが美味しいんだけれど。

今月末で社用車の貸与が終わるので、今週から夫は電車で通勤して、どのルートが早くて安いのかを確認しながら仕事に通っている。
昨日は乗り換え3回だったらしい、オフィスに行く場合はどのルートでも3回乗り換えになるようだ。
私だったら、通勤した次の日はろくすぽ動けなそう。

今日はまた都内の別の場所に出掛けていった。昨日はJRを試し、今日は京急。
そういえば逗子で暮らすことの決め手の一つは、JRと京急の2つの路線があることだった。
大変そうではあるが、交通事故の心配をしなくていいのは有り難い。
車での長距離移動が多い時期に、交通事故のニュースばかりネットで目につきクリックしてしまったせいで、車による恐ろしい事故のニュースばかり上がるようになってきてしまい、運転手本人の問題でなくても事故って起きることの怖さを知り、過度に心配をするようになってしまった。

今まで住んだ家で最も広いのが現在の家。
昨日、調べ物があり家の賃貸借契約書を見ていたら、今の家は1階2階合わせると119平米あるらしい。そこにさらに駐車場と庭がある。
そりゃ掃除もきついはずだ。
ダイソンやコロコロや色々と試したが、結局は箒で掃除をするのがこの家は一番掃除しやすい。
畳の部屋が2箇所あり、段差もあり、階段もあると軽くて隅まで吐き出せる箒が一番いい。
箒で集めたゴミは、コロコロで取っているけれど、本当は茶殻か新聞紙を使いたい。

それほど頻繁にお茶を飲まないので、茶殻は玄関掃除に使ってしまうのがほとんど。
靴について運ばれてきた海の砂を取るのにこれが一番良い。
新聞紙を濡らしてちぎって使うとホコリも立たず、小さなゴミも新聞紙に絡んで取ることができて、チリトリでゴミも集めやすいのだけれど、問題は新聞のインキで手が真っ黒になること。
新聞自体は宅配してもらっているのであるのだけれど、手の汚れが面倒でやっていない。

午後の打ち合わせの準備は、夜中に目が覚めたときにざっと書き出しておいたので、掃除のあとはコーヒーを飲みながら読書を30分ほど。

昨年の2023年に芥川賞を受賞した「ハンチバック」。
1行ごとに薄衣を剥いでいくように、主人公がどのような状況に置かれているのかが、読者に伝わってくる。
1行の密度が濃いなんて、本を読んで感じたのは初めてかもしれない。

今の社会をそのまま背景に使っているので、よくわからない用語(スパダリ、ナーロッパ)もあったり、この描写はEvernoteのことだな‥とか、普段暮らしている環境によっては、理解できない部分もありそうだし、10年経った後の読者には「注」がつかないとわからない作品になってしまいそうだけれど、「でもそんなの関係ねぇ」というその昔流行ったフレーズのような強さがある。

今日のコーヒーは、夫の知り合いの方が自身で焙煎してくださった豆を手動のミルで挽いて、ペーパードリップで。
こう書くとコーヒーにこだわりがありそうだけれど、どんな豆が好きで、どんな豆が苦手なのかもよくわかっていないぐらいの飲み手。
今回は6種類の豆を送っていただいので、いったいどの豆が好きなのかを知るために簡単なメモをつけているところ。
自分で豆を買うときの目安にしたい。

午前中にコーヒーを飲むと、頭も動くし午後のエネルギー切れを回避もしくは遅らせることができる。
では、昼過ぎにもう一度飲めばもっと長く動けるのでは?と思うが、どういうわけか2杯目のコーヒーは全く美味しく感じなくて飲む気になれないから不思議。
これは自分で淹れても、美味しいお店でも同じ。
今のところ私が楽しめる1日のコーヒーの許容量は一杯だけらしい。

新しいビジネスのWebサイトについて、Zoomであれこれ相談。
今回のビジネスの話は、本当に周囲のサポートに助けられていて、実践版「エフェクチュエーション」みたいで有り難い。

娘家族と合流して、町田のサカエ陶器店へ食器を見に行く。
お手頃な価格の親しみやすい陶器が多く、平日だけれど次から次にお客さんが入ってくる。
こういうことに使う器が欲しいという話をすると、娘があれこれアドバイスをくれるのと「こういうの好きだよね?」といろいろと提案してくれた。
お互いに相手の色や器の好みがよくわかっているから、言語化しなくても伝わるのが嬉しい。

買い物のあとは、娘家族オススメの小田原のBamboo Vietnamさんでベトナム料理をいただく。
久しぶりの香辛料の効いたお料理。
逗子はこの手のお店が少ないが、以前は錦糸町周辺に暮らしていたので美味しいアジア料理の店が多く、好きでよく食べに出かけていた。

びっくりするほど美しい生春巻きや生地が素晴らしいパインセオ、孫たちも喜んで食べていた定番のフォーもシンプルだけれど出汁がしっかりしていて美味しかった。

昨年同時期

逗子日記:二〇二三年六月 菖蒲華 (あやめはなさく)

夏みかんは結局最後まで1つだけしかできなかった記憶がある。

Just Forcusのアプリは今は使用していない。結局のところスマホのアプリというのは、私にとってはシンプルなものがベストで、iOSのタイマーやアラームが一番使いやすいから。

犬の散歩は、現時点では朝5時スタート。
梅雨明けにはさらに早くなる予定。朝から晴れる日はおそらく例年通り4時スタートかな。
私も一緒に行きたいけれど、私はその時間は庭の草取りをしているので難しい。(どっちも涼しい時間じゃないと‥ということで両立できない)

気温的には、窓を開けて眠ればエアコンをかけずに眠れるのだけれど、海岸に近くなって夜に花火の音が聞こえてくると犬がガクブルになるので、雨戸を閉めてエアコンをつけて眠る羽目になっているのが現在。
やれやれ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 2005.12.19

    ぶれない人

コメント

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。