逗子日記:二〇二二年四月 玄鳥至(つばめきたる)

晴天の朝。
久しぶりにラジオ体操に参加しようと早めに家を出る。

いつもの小坪側の入り口から逗子海岸に入る。それほどひどくはないけれど、打ち上げられたプラゴミがいくつか目立つので、持ってきたビーチクリーンの袋にゴミを投げ入れながらくるみ(ミニチュアシュナウザー)と歩く。

黒い服を着たショートカットの女性がくるみは気になって仕方なく、そちらばかり見ていて、なかなか歩かない。
多分、昨日まで泊まっていた私の若い友人と間違えているのだと思う。
一緒に散歩したのが楽しかったのだろう。
くるみがあれほど懐くのも珍しい。
泊まってもらうと距離が近づくのかしら?

ラジオ体操組には何人か、くるみにおやつをくださる方がいて、「くるみちゃん、久しぶり」と声を掛けられては走っていき、ちぎれんばかりに尻尾をふって、おやつをいただいている。
今日は4歳の誕生日、まぁ甘やかしもOKでしょう。

海岸でお会いした皆さんに聞いたら、昨日はダイヤモンド富士が逗子海岸が見えたようで、皆さんとっても良い写真をたくさん撮っていた。昨年は見に行ったけれど、なかなか残念な感じの写真しか撮れなかったのでちょっと悔しい。
昨日のその時間は、友人と美味しい居酒屋で楽しんでいたことを思い出せば、悔しさも半減するというもの。

オンラインの会議と資料作り、レビューなどが多くて、今日の食事はかなり適当。

朝食は、残っていた手羽元と大根の煮物を食べ、これまた残っていた白ごはんにその汁と生卵をかけて。

昼食は、冷凍しておいた玄米を解凍して納豆ご飯

夕食は、蒸籠でシャウエッセンとスナップエンドウを蒸し、ゴマダレでいただき、さらにキャベツにブルーチーズをのせて蒸したものを追加、これにビール
蒸籠本当に便利だわー。そのまま出せるし。

蒸籠を干すのに、どうしても接地面がでちゃうのがカビないか気になっていたけれど、最近干し野菜を作るネットに入れておけば、接地面がほとんどないことに気づき、いっきに手入れも楽になった。

直売所で買ってきたその日の朝に収穫した野菜なら、塩だけで十分美味しいのもありがたい。

読書は、図書館から予約が回ってきた「HEALTH RULES (ヘルス・ルールズ) 病気のリスクを劇的に下げる健康習慣」とダラダラと読んでいる「働くことの哲学」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 2020.08.05

    美容整形?
  2. 2020.07.28

    読書と鉛筆
  3. 2020.07.18

    鉛筆硯
  4. books

コメント

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。