逗子日記:二〇二三年十月  蟋蟀在戸(きりぎりすとにあり)

24時起床? 一昨日の晩は、3時間寝たらパっと目が覚めてしまって、そこから全く眠れず起きて大学の課題を片付けていた。 このところ、午後にカフェインを摂ると眠れないのでは?というのが続いていたのだが、どうやら本当にそういう体質になってしまったようだ。 この日は15時頃、在宅仕事中の夫と私の時間が同時に手が空いたので、久しぶりにフレンチプレスでコーヒーを淹れたのが敗因。 さらに、その日の晩ごはんに娘夫 […]

続きを読む

逗子日記:二〇二三年十月 菊花開(きくのはなひらく)

五時前起床。 目が覚めるなり、風邪をひいている気配がないかセルフチェック。 鼻が出るのは秋の花粉症、頭の重さはおそらく気圧。寒気もないし、だるさもないから恐らく風邪はひいてなさそう。 なぜそんなことが気になるかというと、昨日風邪をひいた孫たちのお世話で夕方から晩までしていたから。 娘夫婦のスタッフも体調を崩しているメンバーが多く、娘も休んで子どもたちの世話をするわけにもいかず、私が召喚された。 上 […]

続きを読む

逗子日記:二〇二三年十月鴻雁来(こうがんきたる)

この三連休は、夫が珍しく家に居る。 といっても、家で長時間のオンライン会議に出たり(土曜日ですけど?)、大半の時間は仕事をしている。 いつもなら週末は、現場に行くのだが現場に行くと現場の仕事ばかりで、来期のプランニングの仕事ができないということで、今週は家にいることにしたそうだ。 私は私で夫のいない前提で、大学の卒業制作のヒントが得られそうということで、ご近所のパーラーでやっているハンコの会に参加 […]

続きを読む

2023年9月の振り返り

9月下旬になっても、最高気温が30℃近い日が多く、就寝時にエアコンが止められたのは、2日〜3日間ぐらいで暑さに悩まされ続けた9月でした。 この投稿をInstagramで見る Yoshiko Ohtaki(@ohyoshiko)がシェアした投稿 2022年の同時期 2022年9月の振り返り このところ帯状疱疹でひどい目にあった…という話を聞くことが増え、1年前にワクチン打って副反応がひどかったけれど […]

続きを読む

逗子日記:二〇二三年十月 水始涸(みずはじめてかるる)

昨晩はエアコンなしで就寝。 今朝は寝室の空気も随分とひんやりしていて、隣にくるみ(ミニチュア・シュナウザー5歳)が丸くなってくっついて寝ている。 涼しさを求めて板の間で寝る季節は終わったようだ。 朝のくるみの散歩は夫が行き、逗子海岸へ出かけていった。 私はその間に昨日に引き続き、今日もお弁当を作る。 今朝の朝食は前日の残りを使って、玄米チャーハンなので、お弁当用のご飯は冷凍したものを温め直して使う […]

続きを読む

逗子日記:二〇二三年九月 蟄虫坏戸(むしかくれてとをふさぐ)

夕べはコーチング仲間が逗子まで遊びにきてくれて、おそらく10年ぶりぐらいに一緒にワインを飲んだ。 オーガニックのワインだったせいか、二日酔いはないようだけれど、今朝の健康診断のことはすっかり忘れて杯を重ねてしまった。 まぁ、健康診断は通常の状態を見せるのが良いほうがいいだろう。でも、先生に怒られるのは嫌だなぁ…などと、考えながらぼんやり起床。 わずかに読み残していた「マリアージュ~神の雫 最終章~ […]

続きを読む

逗子日記:二〇二三年九月 雷乃収声 (かみなりすなわちこえをおさむ)

昨日から急に涼しくなり、夜は寝室の窓を少し開けただけで寝ることができて、これでやっとエアコンと手が切れそうだ。 寝室の温度は快適だったのだけれど、日中カフェインを取りすぎたのか、友人と食べた昼食のランチが多かったのか、何度も目が覚めて浅い眠りだった。 4時に目覚ましがなるが、涼しくなればそう早く散歩に行く必要もない。 今日の日の出時間が5:31なので、目覚ましを5:20にセットし直す。 大体の場合 […]

続きを読む

逗子日記 二〇二三年九月 玄鳥去 (つばめさる)

7時過ぎ起床。 三連休初日からひどい頭痛で薬も効かず、そしてその原因も思い当たらず。 三連休+1日、布団引きっぱなしで寝たり起きたりを計4日間過ごしたが、ようやく布団があげられた。 三連休がつぶれたのは、フリーランスの私と三連休も出張だった夫にはお出かけの予定もなく、特に影響はないけれど、4日も寝込めば家はぐちゃぐちゃだわ、大学も仕事の進捗もどこまでやっていたっけ?何が急ぎだっけ?と、それなりに面 […]

続きを読む

逗子暮し4年目

2023年9月で東京都江東区から神奈川県逗子市に引っ越してきて、4年目となりました。 この投稿をInstagramで見る Yoshiko Ohtaki(@ohyoshiko)がシェアした投稿 移ってき数年は、ワーケーションに一時的に来ているような気分がいつまでも抜けず、時折所用で亀戸・錦糸町をぶらつくことがあると、ホームグラウンドはやっぱいこっちだな…と感じていましたが、今年の夏あたりから逗子がホ […]

続きを読む