逗子日記:二〇二四年一月 雪下出麦(ゆきくだりてむぎのびる)

水仙

昨日、カレンダーの交換をしていて、ふと次の七十二候っていつなんだろう?と調べてみたら、1月1日だった。 元旦のこの日は「雪下出麦(ゆきくだりてむぎのびる)」と呼ぶらしい。 七十二候に合わせて書いているこの逗子日記と読んでいるブログ記事。 元旦に書いた記憶が全くない‥と思って、ブログ内を探してみると案の定1つの記事もなかった。 これまで正月三ヶ日はデジタルデトックスと称して、PCやスマホと離れて暮ら […]

続きを読む

2023年:読んだ本 ベスト5

books

2023年の読書概況 このブログを書いている2023年12月30日時点で、2023年に初めて読んで読了した本は191冊。最初から最後まで再読した本が35冊となっています。 どちらも雑誌・マンガを含みます。(再読のマンガは全巻再読ぐらいじゃないと、きりがないので含めていません) 昨年2022年は、以下の記事を読むと再読含まずに284冊を読了したとなっているので、大幅に読了数が減ったように見えますが、 […]

続きを読む

逗子日記:二〇二三年十二月 麋角解(さわしかつのおつる)

シンガポールとスペインのお土産

夫婦揃って眠りが浅く、3時に目を覚ましてしまい、布団に入ったまま年末年始の過ごし方とか、今日の献立とか、とりとめもない話をする。 まったく眠気がやってこないので5時前に起き出して、お風呂に入ることにする。 長風呂している間に、くるみ(ミニチュアシュナウザー5歳)の散歩に出たようだ。 東南アジア在住の元顧問先のメンバーが一時帰国中で、今日は我が家にきてくれる予定。 朝からあちこち掃除をして、庭の山茶 […]

続きを読む

逗子日記:二〇二三年十二月 乃東生 (なつかれくさしょうず)

14時過ぎに珈琲を飲んでしまったのと、寝しなに布団の中で電子書籍を読み始めてしまい、眠りそびれた。 おそらく寝たのは2時半ぐらい、起きたのは7時ぐらい。 夫が作ってくれた味噌ラーメンを朝ごはんに食べる。 今日は冬至で、朝から柚子風呂で良い香り。 柚子はご近所さんに分けてもらったもの。有り難い。 夫は今日は在宅勤務。居間のこたつでZoom出たり電話したりとあれこれ忙しそう。 私は仕事部屋に引きこもっ […]

続きを読む

逗子日記:二〇二三年十二月 鱖魚群 (さけのうおむらがる)

カーテンを開けると坪庭の紅葉がすっかり葉を落としていた。ここ数日風が強い日が続いたせいだろう。 なかなか寒さが訪れず、ようやく少しずつ黄色くなってきたと思っていたら、赤くなる前に終わってしまい少し淋しい。 昨日は12月半ばだというのに、最低気温は17度、最高気温は21度という陽気で半袖の人も多かった。 そのせいか、庭の水仙の蕾は急に大きくなっている。 いつもは遅い我が家の山茶花も、庭の真ん中にある […]

続きを読む

逗子日記:二〇二三年十二月 熊蟄穴 (くまあなにこもる)

ひざ掛けを独占する犬

5時起床。 しばらく前に夫が自宅で倒れ、この機会にと11月に数年ぶりの人間ドックを受けた。 胆嚢にちょっと問題がありそう+胃の壁が厚いという結果が戻り、精密検査を受けるように‥という結果が届いたたので、今日は朝一番でお隣の市の総合病院に寄ってから、仕事に行くという。 夫と別々の朝ごはんは、昨日夫が葉山ステーションで買ってきてくれたお惣菜のナポリタンと牛すね肉の煮込みをレンジで温め直していただく。 […]

続きを読む

逗子日記:二〇二三年十二月 閉塞成冬 (そらさむくふゆとなる)

逗子海岸から眺める夕方の富士山

週初めにインプラントの手術を受けたら、発熱し、腫れも痛みも強く、丸2日完全につぶれてしまった。 昨日からぼちぼち動けるようになったけれど、溜まっている家事を片付けるだけで終始してしまう。 昨日、午後にうっかり紅茶を飲んでしまい、1時過ぎにパッチリと目が覚めるが、丸2日ほとんど寝たきりだったことを考えると、睡眠不足はありえないだろうと起きてデスクワークをあれこれ片付ける。 今日は晴れのお天気で、気温 […]

続きを読む

2023年11月の振り返り

昨年同時期:2022年11月 2022年11月の振り返り 読み返してみると昨年の11月は夫婦ともに仕事に忙殺されていました。 1年後の今年も夫は相変わらず休みなしで毎日仕事をしています。 私の方は仕事はコーチングをぼちぼちと、全く忙しくない海外の会社との顧問契約があるだけで、仕事面はのんびりしていますが、その分大学の卒業制作課題に追われています。 仕事をこれだけ減らすと随分と時間が浮くかと思いきや […]

続きを読む

逗子日記:二〇二三年十二月 (たちばなはじめてきばむ)

昨日から急に冬らしい寒さがやってきて、そろそろ電気毛布出そうかな〜。5時に目を覚ましても布団から出る気になれず、そのまま枕元にあった村上春樹の「騎士団長殺し」をだらだらと読む。 30分ほどそんな風にしてから、ようやく起き出す。白米を研いで、味噌汁(セロリと油揚げ)を作り、ぬか床から漬けておいた大根を取り出し、ぬか床をかき混ぜ、ゴボウを着ける。ゆで卵をまとめて作り、セロリのピクルスを作り置き。鶏もも […]

続きを読む