面白くもおかしくもないダイエットの話 続編

この記事は、2015年に私が書いた記事の続編です。 当時は44歳でしたが、2021年現在、50歳となりました。 面白くもおかしくもないダイエットの話(前編) 面白くもおかしくもないダイエットの話 後編 この記事を書いたきっかけ 続編を書こうと思ったきっかけは、たまたま私より5歳下の方に、「どうやって太らないようにしているんですか?何か運動とかしているのですか?」と質問されたからです。 そんな話どこ […]

続きを読む

Weekly Review – Week8, 2021

notepad-on-a-desk_

この週はポチ(夫)が仕事のため1泊2日で不在という日がありました。 自分の分だけとはいえ買い物に行きご飯を作って洗い物して、布団引いて畳んで、朝晩犬の散歩…と、ポチの分の家事を2日間やったら、あまりの忙しさにクラクラしました。 本当に仕事と家事と真面目にやると、体力も使いますが、分刻みのバタバタ感がで気持ちが何より疲れます。 【上京】 週末は義母宅を訪問し、白色申告の資料をまとめてきました。 義母 […]

続きを読む

2人の時間と1人の時間

夫の会社がコロナをきっかけにリモートワーク推奨となり、一緒にいる時間が格段に増えた。 そう天候が悪くなく且つ私のタスクに余裕がある日は、朝の犬の散歩に1時間ほど付き合う。 帰宅して朝ごはんを一緒に食べて、豆を挽いてコーヒーを淹れて一緒にコーヒーを飲んでから、私は仕事部屋にこもり、夫はリビングでそのまま仕事をしている。 一緒にお昼ごはんを食べて、それからまた仕事部屋とリビングにわかれ、私に時間が気力 […]

続きを読む

2021年2月の振り返り

今月何がうまくいったか? 「体調管理」 売上に直結する仕事ではなくて、先行投資とか種まき的な仕事が多くてやけに忙しい月でした。 机にかじりついて仕事をする時間が長くなってきて、頭が疲れてついつい甘いものを食べたり(これがまた習慣化しやすい…)、運動不足になったりと色々と弊害が出てきています。 健康診断 これまで、血液検査でなにかしら注意事項が出たことはなかったのですが、今回初めてコレステロールが少 […]

続きを読む

Weekly Review – Week7, 2021

notepad-on-a-desk_

風の強い乾燥した日が続きました。 花粉の飛散も始まり、ポチ(夫)はかなりぐずぐずと、私は2年越しの免疫舌下療法の効果が出始め、マスクなしでも花粉の飛散量が相当多くない日以外はほとんど症状が出なくなりました。 スギ以外のヒノキなどの花粉が始まるとまたグズグズしだすので、アレグラと完璧に手が切れたわけではないですが、スギについては仕事にならないぐらいひどかったので、これだけでも十分ありがたいなと思いま […]

続きを読む

在宅勤務とコスチューム

フリーランスという仕事柄、もともと自宅で仕事をすることは多かった。 その昔、社員で勤めていた会社も24時間コアタイムなしフレックスという形態だった上に、後半は上司が海外にいることもあって、出社することは少なかった。 そう考えると多分15年以上、自宅で日中仕事をするというスタイルに馴染んでいる。 それでもコロナ前は、週に数回は商談や会議、コーチングの対面セッションなどがあり、外出する機会があった。 […]

続きを読む

Weekly Review – Week6, 2021

notepad-on-a-desk_

日曜日の深酒で、絶不調の月曜日から始まった一週間。 そこに低気圧だの、季節の変わり目だのと色々とやってきて、前半はボロボロ。 後半は徐々に回復してきて、近隣の自然と親しむ時間をつくることができました。 この投稿をInstagramで見る Yoshiko Ohtaki(@ohyoshiko)がシェアした投稿 土曜日には久しぶりの大きな地震。 逗子は津波の心配よりも、地盤のほうが心配な場所のようです。 […]

続きを読む

Weekly Review – Week5, 2021

notepad-on-a-desk_

昨年のこの時期はコロナの話が増えてきていましたが、まだ日本でも今ほど感染拡大という感じではなかったため、展覧会も普通にやっていましたし、会食も普通でしたね。 Weekly Review – Week5 今週は低気圧に引きずられて、先週作り上げたペースが徐々に乱れてきた感じでしたが、それまでの仕込みに花が開き、回収時期でもありました。 さて、来週からまた仕込みしないと食いつぶしちゃいます […]

続きを読む

テレビのはなし

一ヶ月ぶりぐらいに富山の叔父から電話が掛かってきた。 この冬の富山は、久しぶりに雪が多かったというので少し心配していたのだけれど、忙しさに取り紛れて連絡していなかったことを思い出す。 叔父は亡くなった父の一番下の弟で、母と同じ70代の半ば。 私のいとこにあたる娘と息子も近くにいるが、時どきこんな風に姪の私にも近況確認みたいな電話をくれる。 夫は「仲良いよね、yoshikooと叔父ちゃん」と言う。 […]

続きを読む