女性と管理職(選手からの脱出)

コーチングをしていて、男性と女性でずいぶんと仕事における考え方に性差があるなと思うことがある。仕事の上で、自分は男性脳だと思っているが、そんな自分の仕事の仕方を振り返っても、なるほど女性特有の発想が時に確かに見られることがある。 そんな中で最近とくに気になるが、女性が初めて部下を持った時のマネジメントの考え方だ。 女性は自分が昇進してマネージャーになっても、昇進前に持っていた自分の仕事が手放せず、 […]

続きを読む

娘へ贈る手紙: 57.6%という就職内定率を前にして

厚生労働省の2010年11月16日の発表によれば、2010年度(2010年4月1日〜2011年3月31日)大学等新卒者就職内定率は、それによると2010年10月1日(9月末)時点で57.6%で、1997年度分以降、過去最低の値を示していたため、報道でもかなり取り上げられていたし、あなたの通う大学でもニュースになったのでないかと思います。 2010年11月現在、大学1年生であるあなたやあなたの友人た […]

続きを読む

フォーリン・アフェアーズで日本を考える

R+のレビュアーに選んでいただき、フォーリン・アフェアーズを読むチャンスに恵まれました。 正直なところ、フォーリン・アフェアーズはお値段もお安くありませんし、内容も硬派なので、こういう機会でもないとじっくり読み通せませんので、この献本は本当に有り難いです。 今回はアンソロジーということで、「日本」についての論文を1冊にまとめてあるものです。 読むのに丸々2日間(16時間)を費やしましたが、読んだ甲 […]

続きを読む

やりたいことしか、やる時間はない

私のところのクライアントさんの年齢構成は30代~50代前半です。(特に年齢制限はないのですが、このあたりに長い間集中しています) 最近、皆さんの口からよく出てくるのが「やりたいことしか、やる時間はないということに気がつきました」ということ。 お若い方にはわからないかもしれませんが、30代に入ると、なんとなく身体に無理がきかなくなってくる予兆のようなものが感じられてきます。 また30代というのは、結 […]

続きを読む

キャピトル東急ホテルプランの検証

先日、別のブログに書いたキャピトル東急の話がお問い合わせが多かったので、コーチングと絡めてこちらにちょっと書いてみます。 元ネタはこちら→ オゥレギューム@赤坂  元ネタを読まれてから、以下をお読みください。 さて、何と言っても多かった質問は、男性からの「自分でキャピトル東急ホテルのプラン立てたら、つきあってくれるんですか?」というものです。 ここには、「yoshikooさんがホテルにつき合うこと […]

続きを読む

「カウンセリングを語る(上巻)」河合隼雄著

日本における臨床心理学の第一人者である河合隼雄先生の本をよく読むのは、カウンセリングとコーチングの底辺に横たわるものは同じものがあると感じるから。 市販されているコーチングのHow to本というのは、ほとんどコーチングの事例とエッセンスの紹介で終わっており、深みがなく、その分、「あ、こんなものなのか、じゃ、オレも明日からコーチングというのを部下にやってみよう!」と楽観的に思い、すぐに実践してみるこ […]

続きを読む

不況とコーチングとマッチポンプ構造について

どこの会社にお邪魔にしても、聞こえてくるのは、不況の話ばかり。 友人に会えば、リストラだの賞与カットだの・・・・とこれまた不景気な話が多い。 さて、そんななかで、「で、コーチングビジネスというのは大丈夫なんですか?」と聞かれる。 その中には、『やっぱり不景気で大変なんでしょう』という気持ちがひっそりと隠されている。 不景気で煽りをくっているプロコーチは確かにかなりいると思う。そしてもう一方で不景気 […]

続きを読む

夫婦の間における価値観の違い

大げさなタイトルをつけてみましたが、まぁ、愚痴みたいな駄文です。 我が家の大黒柱は私で、食費、雑費を除く全てが私のお財布から出ていきます。 旦那様のボーナスは、旦那様の愛されるミニ・クーパーにほぼ費やされているようです。 マンションのローンも100%私の名義になっています。もちろん、娘の私大の学費も私持ちです。 旦那様と私の年収格差は単純比較で3倍~4倍。 ただし、旦那様は一応東証2部上場の会社の […]

続きを読む

「それってどうなの主義」斎藤美奈子著

めっぽう辛口で、切れ味鋭い斎藤美奈子が今回は社会、報道、文化、教育などに切り込んだ。いやはやどれもれこれも痛快。それはちょっとうがった見方過ぎるのでは?と思う箇所もあるのだけれど、それすら気持ちよく読めてしまうのがこの人のすごいところだと思う。このうだるような暑さの中でもすーっとする、もしくは背筋がヒヤーっとする切れ味である。 確かに私たちは、毎日のニュースや社会問題について、「それってどうなの? […]

続きを読む